肉離れ 捻挫 違い

肉離れと打撲は似ていますが違います!症状とと対処法の違いについて

肉離れと打撲は似ていますが違います!症状とと対処法の違いについて記事一覧

胸部に外傷を受けた際に最も多く受傷する部位は肋骨で有り骨折や打撲をする事が多いので注意が必要です。しかし注意をしていても事故や不注意でぶつけてしまう事も多いと思います。肋骨は強度が有ると言われていますが、強い衝撃を肋骨に与えてしまった時は折れたりヒビが入ってしまう事も有り打撲をしてしまった際にはケアをする事がとても大切になってきます。肋骨を打撲した際に起こり得る症状は軽いものならば患部の皮下出血、...

体の一部を強くぶつける事で腫れや痛み、内出血などを引き起こす症状を打撲といいます。普段の生活をしていても転倒したりスポーツを行っているときに多く発生します。高齢者の方や自由に動き回る子供、動きや接触の多いスポーツを行っている方は打撲を起こしやすいといわれています。ぶつけたときの衝撃が弱いときでも高齢の方や子供は身体が弱い状態のことが多いので打撲の症状が現れることがあります。動きのあるスポーツをして...

転んでひざや脚を痛めたりした事や、スポーツなどで衝突して身体を痛めたりした経験のある方は多いと思います。軽い打撲かなと思っても日に日に症状が悪化して実はひびが入っていたり、医療機関に掛かったほうが良いのか自分でケアをすれば治るのか自分で違いを判断するのは難しいと思います。医療機関に掛かった際にまず聞かれるのは、どうしてそうなったのか?ということです。強く打ち付けてしまったとか捻ってしまったとか走っ...

皆様もスポーツ中や日常生活の中で身体に打撲負ってしまった経験があると思います。スポーツ等を行っているときや、転倒した際に身体を強く打ち付けてしまったりすると筋肉が損傷を起こし打撲になることがあります。ぶつけた部位が炎症を起こして患部にあざが出来てしまったり腫れてしまったりしてしまいます。軽くぶつけた程度の場合は血管が切れた周辺が内出血を起こし、ふと気づいたときには内出血によるあざも消えていて触ると...

皆様も日常生活を送っているときやスポーツ等をしているときに転倒や激突などで身体に打撲を負った経験が有ると思います。打撲は外傷を伴わない負傷であることがほとんどでぶつけた箇所に力が入らないといったことも考えられます。身体に打撲を負って負傷してしまった多くの症状は皮膚の下で出血が起こり赤紫に皮膚が変色し、負傷してしまった直後よりも一定期間時間が経過してから痛み出すことがほとんどです。その際はおおよそ1...

日常生活を送っている際に転倒してしまったり、スポーツを行っているときに激しくぶつけてしまったり、はたまた仕事中の予期せぬ事故などにより身体に打撲を負ってしまうことがあります。その際にぶつけた箇所の血管が切れてしまい患部が腫れ痛みを伴い内出血が見られることもあります。主に脚部、頭部、腕などに発生しやすくまた内出血を伴いながら激しく痛むこともあるので、骨折やヒビが入っているのではと疑う方も多くおられる...

身体をどこかに強く打ちつけた際に打撲は起こりますが、大体の場合すこし時間が経つと腫れも引いて自然に治っていくものがほとんどです。まれにぶつけた箇所にしこりが残ることがあり、これはぶつけて打撲を負った際にできた皮下血腫である可能性が高くなってきます。皮下血腫は運動中や日常生活の中で転倒などをして身体を打ちつけた際に皮膚の下にできた血の塊のことをいい、この塊が骨のように硬くなりしこりを感じ身体を動かす...

身体に打撲を負ってしまった際には、皮膚、筋肉、腱などが損傷してしまい、その組織から出血してくることがありこの出血が内出血となり症状として現れ負傷してすぐの段階では患部が腫れて赤いあざとして現れることがあります。この打撲によりできるあざは時間が経つにつれて色の変化があることがあり基本的に赤から青にかわっていきます。また皮膚の近い部位で内出血が起きたものは青く、青タンとよばれていて、皮膚の深い部位で起...

転倒したり身体の一部を激しくぶつけたりすると打撲を負ってしまうことがあります。これは皮膚、筋膜、筋肉、腱などの組織が損傷することにより起こります。今回は身体のなかでも、かかとを受傷してしまったときのお話をさせていただきたいと思います。打撲は基本的に身体の軟部組織が損傷することにより発生しますので、脚部でも腕でも顔でも身体の全ての部位で発生する可能性があり、運動中にかかとを強打して受傷する可能性も十...

スポーツ中に転倒や激突をして膝を打撲してしまったという経験のある方は多くいらっしゃると思います。膝を打撲した際一番主だった症状としては痛みがありますが、ぶつけた患部が内出血してしまったり腫れあがってしまったりしびれ出してしまったりすることがあります。患部にしびれがおきてしまったときは注意をしなければなりません。なぜならしびれが起きた原因は靭帯が傷ついた場合や、膝のお皿が割れてしまった時の症状として...