捻挫 早く治す 食べ物

捻挫を早く治す効果がある食べ物/おすすめの4つの成分

スポンサーリンク

捻挫を早く治すには安静にして適切な治療を受けることが大切ですが、以下のような食べ物を積極的に食べることでも捻挫を早く治す効果が期待できます。

 

「タンパク質」
タンパク質は靭帯や軟骨などの関節部分には欠かせない成分なので、タンパク質が不足すると損傷した関節部分の修復が遅れてしまいます。
つまり、捻挫を早く治すためには良質なタンパク質を十分に摂取することが大切なのです。
タンパク質は肉や魚、卵、大豆製品などの食べ物に多く含まれていますが、タンパク質は夜寝ている時にたくさん消費するので特に夕食ではこれらの食べ物を積極的に食べるようにすることが大切です。

 

「ビタミンA」
ビタミンAには細胞を成長させたり傷付いた細胞の修復を促進したりする効果があるので、ビタミンAを積極的に摂取すると捻挫を早く治す効果が期待できます。
ビタミンAはレバーやウナギ、ニンジンやカボチャなどの緑黄色野菜などの食べ物に多く含まれています。
ビタミンAは油に溶けると吸収率が高くなるので、これらを食べる時はなるべく油で調理した方がよいです。

スポンサーリンク

「ビタミンB」
ビタミンB群はタンパク質の合成や分解に欠かせない成分なので、ビタミンB群を積極的に摂取することは捻挫を早く治すことにつながります。
ビタミンB群はレバーやウナギ、納豆などの食べ物に多く含まれていますが、ビタミンB群はグループで助け合いながら働くのでいろいろなものをバランスよく食べるようにすることが大切です。

 

「ビタミンC」
ビタミンCは靭帯や軟骨などの原材料となる成分なので、ビタミンCを積極的に摂取することで捻挫を早く治す効果が期待できます。
ビタミンCを多く含む食べ物にはパプリカやパセリなどの野菜類やレモンやイチゴなどの果物類などがあります。
ビタミンCは大量に摂取しても許容量を超えた分は排泄されてしまうので、数回に分けて少しずつ摂取した方が効率がよいです。

 

「グルコサミン、コンドロイチン」
グルコサミンやコンドロイチンは関節障害の予防や改善に効果があるので、これらを積極的に摂取すれば捻挫を早く治す効果が期待できます。
グルコサミンはカニやエビなど、コンドロイチンは納豆や山芋などの食べ物に多く含まれています。
しかし、十分な量のグルコサミンやコンドロイチンを食事だけで摂取するのは困難なのでサプリメントなどを利用した方がよいです。

スポンサーリンク

関連ページ

捻挫で起こる腫れやむくみ/早期治療で後遺症を防止
手首を捻挫した場合の痛みが続く期間はいつまで?
足首捻挫後に後遺症が残さないために/重要なリハビリ方法について
癖になる捻挫の正しい治し方/きちんと処置することで再発防止
捻挫と靭帯損傷の違いについて/重症度で判断することが出来ます
捻挫でサポーターはいつまでつけるべき!?/期間はどれくらい?
捻挫の治療で湿布を貼る期間はいつまで?/およその目安について
捻挫で包帯を使う処置を受けた場合「寝るとき」の注意するポイント
足の甲の捻挫は病院で治療すると良い!?その理由は?
捻挫の腫れや浮腫(むくみ)の解消方法/回復期は温めることが必要
捻挫した時の「電気治療」で得られる効果と鎮痛作用について
手首を捻挫して手の甲が腫れる原因/靭帯損傷してるかもしれない
足の甲を捻挫して治らない時の対処方法/骨折と間違っていませんか?
捻挫した時「冷やす」時間はどのくらい?/長すぎないように注意
捻挫の治療は病院の何科を受診すればいいの?/整形外科?内科?
捻挫でリハビリを始めるベストタイミング/いつから始めるべき?
捻挫で靭帯が伸びる症状の対処方法/心がけたい予防について
電気治療は捻挫の回復を早める効果が期待できます!
足の甲の捻挫が完治するまでの期間/治療で気を付けるべきポイント
捻挫をしてギプスしている期間はどのくらい?/リハビリも重要になる
軽度捻挫なら効果と作用が期待できる「冷えピタ」で応急処置
捻挫の腫れがおさまる期間/重症度によって異なります
腰椎捻挫のリハビリの方法/始めるタイミングも重要です
足首の捻挫が治らない原因/早く治すための対処方法について
捻挫には湿布が良い!モーラステープは効果とは!?
捻挫による松葉杖の使用期間と注意点について
捻挫に効果的なロキソニンテープの使用方法/副作用にも注意
押すと痛い捻挫の対処方法/腫れ、痛みを緩和させる為に
捻挫のリハビリはいつから行えばいい?固定期間中も行う?