足の甲 捻挫 病院 治療

足の甲の捻挫は病院で治療すると良い!?その理由は?

スポンサーリンク

足の甲の捻挫は病院で治療すると良く、個人が主に経営する診療所などでも治療を受けることが出来、外科や整形外科といった診療科にて行えます。
足の甲は、筋肉や神経、血管などが多くあることから捻挫の症状が酷くなりやすく、悪化もしやすいです。

 

このため、足の甲を捻挫した場合に内出血なども伴っている際には、病院ではレントゲンなどで画像診断を行います。

 

症状に応じて包帯などで足の甲の捻挫の患部を固定することによって症状の悪化を抑え、さらに湿布などを処方して炎症も防ぎます。

 

症状が重症な場合には、電気治療などを用い、痛み止めなども処方してくれるので、日常生活を問題なく過ごしながら治療を受けることが可能です。

 

また、病院で治療を受けることによって足の甲の捻挫に最適な治療を行ってくれるから市販薬を用いて自身で処置するよりも完治が早いといったメリットもあり、場合によっては病院の方がトータル的な治療費用を抑えられる場合もあります。

スポンサーリンク

病院での足の甲の捻挫の治療は、基本的には湿布が処方され、足の甲で捻挫した患部を鎮痛作用によって炎症を抑えます。

 

3日分程度使用した後に再度、病院を受診し、患部を診察してもらいます。

 

症状が重症化していない場合には、再び1週間から2週間程度の湿布が処方されます。

 

通常の捻挫であれば、その期間中に完治することが出来、完治しない場合に病院では改めて検査が行われます。

 

その際には検査がレントゲンの他にMRIといった高度画像診断も行われる場合もあり、必要に応じて磁気や電気のリハビリ機器を使用する場合もあります。

 

また、最近は捻挫など特定の症状に特化した診療科を持つ病院も増えています。

 

利用することによって専門医や設備も充実していることから最適な治療を受けることが出来ます。

 

費用に関しては保険が適用されるので、費用を抑えられ、年間の費用が一定額以上の場合は還付金請求することも可能となっているから活用するとお得になります。

スポンサーリンク

関連ページ

捻挫で起こる腫れやむくみ/早期治療で後遺症を防止
手首を捻挫した場合の痛みが続く期間はいつまで?
足首捻挫後に後遺症が残さないために/重要なリハビリ方法について
癖になる捻挫の正しい治し方/きちんと処置することで再発防止
捻挫と靭帯損傷の違いについて/重症度で判断することが出来ます
捻挫でサポーターはいつまでつけるべき!?/期間はどれくらい?
捻挫の治療で湿布を貼る期間はいつまで?/およその目安について
捻挫で包帯を使う処置を受けた場合「寝るとき」の注意するポイント
捻挫を早く治す効果がある食べ物/おすすめの4つの成分
捻挫の腫れや浮腫(むくみ)の解消方法/回復期は温めることが必要
捻挫した時の「電気治療」で得られる効果と鎮痛作用について
手首を捻挫して手の甲が腫れる原因/靭帯損傷してるかもしれない
足の甲を捻挫して治らない時の対処方法/骨折と間違っていませんか?
捻挫した時「冷やす」時間はどのくらい?/長すぎないように注意
捻挫の治療は病院の何科を受診すればいいの?/整形外科?内科?
捻挫でリハビリを始めるベストタイミング/いつから始めるべき?
捻挫で靭帯が伸びる症状の対処方法/心がけたい予防について
電気治療は捻挫の回復を早める効果が期待できます!
足の甲の捻挫が完治するまでの期間/治療で気を付けるべきポイント
捻挫をしてギプスしている期間はどのくらい?/リハビリも重要になる
軽度捻挫なら効果と作用が期待できる「冷えピタ」で応急処置
捻挫の腫れがおさまる期間/重症度によって異なります
腰椎捻挫のリハビリの方法/始めるタイミングも重要です
足首の捻挫が治らない原因/早く治すための対処方法について
捻挫には湿布が良い!モーラステープは効果とは!?
捻挫による松葉杖の使用期間と注意点について
捻挫に効果的なロキソニンテープの使用方法/副作用にも注意
押すと痛い捻挫の対処方法/腫れ、痛みを緩和させる為に
捻挫のリハビリはいつから行えばいい?固定期間中も行う?