捻挫 腫れ 浮腫 解消方法

捻挫の腫れや浮腫(むくみ)の解消方法/回復期は温めることが必要

スポンサーリンク

捻挫と言えば、転倒したときなどに生じるため、ある意味で馴染みのあるケガです。
それになった経験を持つ人は少なくありません。
しかし馴染みがあっても腫れや浮腫(むくみ)が生じてしまうと、かなり辛いと感じてしまいます。

 

では、捻挫の際に生じた腫れや浮腫の解消方法とはどんなものかと言いますと、患部を温めることです。
これは痛みのピークが過ぎた後に行うのが常となります。

 

痛みが激しいときにこの解消方法を行うと、かえって捻挫が悪化してしまうからです。
患部を温める手段としては、温湿布の他に入浴があります。

 

捻挫の治療、腫れや浮腫の解消方法として入浴するとなると、痛めている部分だけをお湯につける、というイメージがありますが、この場合は全身浴にしましょう。
全身浴だと血行が更に促進されるため、回復速度が速くなります。

 

この腫れや浮腫解消方法のメリットは、日常生活の中に治療を組み込めることです。
無理を重ねると、どんな治療法も続けるのは難しくなるため、そこをあらかじめ意識しておきましょう。

スポンサーリンク

捻挫の腫れや浮腫の解消方法としては、痛めた部分を心臓よりも高い位置に置く、というのがあります。
これは血流をコントロールすることで、回復を早めるのが目的です。

 

そのため、足を捻挫し腫れや浮腫が生じたのであれば、その部分をつり上げるか、枕を間に挟んで空間を設ける、というテクニックを用いるとよいでしょう。
捻挫の腫れや浮腫の解消方法の中には、患部をがっちりとガードする、というのもあります。

 

これは治りかけのところに、再度打撃を受けると、かえって悪化することがあるからです。
多少大げさだと感じても、痛めている部分が改善に回復するまで、ギプスなどで固定する、というのも有効なのです。

 

これらの腫れや浮腫解消方法を用いる際は、自分の生活スタイルに合うものを採用するようにしましょう。
誰かに勧められたから、という格好でそれをやってしまうと、それがストレスに結びついてしまい、別の不都合を生じさせることが多いからです。

スポンサーリンク

関連ページ

捻挫で起こる腫れやむくみ/早期治療で後遺症を防止
手首を捻挫した場合の痛みが続く期間はいつまで?
足首捻挫後に後遺症が残さないために/重要なリハビリ方法について
癖になる捻挫の正しい治し方/きちんと処置することで再発防止
捻挫と靭帯損傷の違いについて/重症度で判断することが出来ます
捻挫でサポーターはいつまでつけるべき!?/期間はどれくらい?
捻挫の治療で湿布を貼る期間はいつまで?/およその目安について
捻挫で包帯を使う処置を受けた場合「寝るとき」の注意するポイント
捻挫を早く治す効果がある食べ物/おすすめの4つの成分
足の甲の捻挫は病院で治療すると良い!?その理由は?
捻挫した時の「電気治療」で得られる効果と鎮痛作用について
手首を捻挫して手の甲が腫れる原因/靭帯損傷してるかもしれない
足の甲を捻挫して治らない時の対処方法/骨折と間違っていませんか?
捻挫した時「冷やす」時間はどのくらい?/長すぎないように注意
捻挫の治療は病院の何科を受診すればいいの?/整形外科?内科?
捻挫でリハビリを始めるベストタイミング/いつから始めるべき?
捻挫で靭帯が伸びる症状の対処方法/心がけたい予防について
電気治療は捻挫の回復を早める効果が期待できます!
足の甲の捻挫が完治するまでの期間/治療で気を付けるべきポイント
捻挫をしてギプスしている期間はどのくらい?/リハビリも重要になる
軽度捻挫なら効果と作用が期待できる「冷えピタ」で応急処置
捻挫の腫れがおさまる期間/重症度によって異なります
腰椎捻挫のリハビリの方法/始めるタイミングも重要です
足首の捻挫が治らない原因/早く治すための対処方法について
捻挫には湿布が良い!モーラステープは効果とは!?
捻挫による松葉杖の使用期間と注意点について
捻挫に効果的なロキソニンテープの使用方法/副作用にも注意
押すと痛い捻挫の対処方法/腫れ、痛みを緩和させる為に
捻挫のリハビリはいつから行えばいい?固定期間中も行う?