捻挫 電気治療 効果 作用

捻挫した時の「電気治療」で得られる効果と鎮痛作用について

スポンサーリンク

捻挫をすると徐々に痛みが増していくので立つ事が困難になります。
捻挫をしてしまうと痛みを抑えるために冷やす事が大切なのですが、あまり効果を得ることは出来ないです。

 

痛い部分を冷やし固定して安静にするより電気治療を受けた方が良いかもしれません。
電気治療には干渉波電気治療、パルス治療器を使用した電気治療、インディバアクティブ電気治療があります。

 

では電気治療を受ける事で得られる効果を1つずつ説明していきます。

 

干渉波電気治療は低周波の電気が流れて痛い部分を刺激してくれるのです。
干渉波治療で得られる効果は自然治癒能力を高める効果や捻挫をすると血の巡りが悪くなり、血行が悪くなるので血行の改善や促進させる効果があります。
他に鎮痛作用や筋肉弛緩作用などが期待できるかもしれません。

 

捻挫をした時にパルス治療器を使用した治療も絶大な効果が期待できます。
しかし、干渉波治療と違う点は皮膚にまで電気が通らないので身体の深部の痛みには効果がないという事です。

スポンサーリンク

捻挫をすると筋肉が固まり立つ事はおろか動く事も困難なので肩コリが激しいです。
パルス治療器を使用した治療で最も有効な点は捻挫以外も治す事が出来る事にあるかもしれません。

 

無数の神経細胞から成っている神経組織を刺激する事で干渉波治療と同じく血行促進作用が期待できる他、肩こりの除去作用に神経痛に作用して坐骨神経痛が治ります。
色々な効果を得られるのですが、あくまでも捻挫を治す事がメインです。

 

インディバアクティブ治療は高周波という強力な電気を浴びる事で損傷している細胞に作用し捻挫をした時の腫れあがった痛みを抑える事が出来ます。

 

電気を流すと身体がポカポカになり干渉波治療と同様に鎮痛作用が期待できるのです。
熱がこもると血流が悪くなり酸素や栄養の通り道が塞がれてしまいます。

 

身体に刺激を与える事で痛みの原因となっている物質を除去し酸素や栄養の通り道を確保する事が出来るので血流が良くなり自然治癒につながるでしょう。

スポンサーリンク

関連ページ

捻挫で起こる腫れやむくみ/早期治療で後遺症を防止
手首を捻挫した場合の痛みが続く期間はいつまで?
足首捻挫後に後遺症が残さないために/重要なリハビリ方法について
癖になる捻挫の正しい治し方/きちんと処置することで再発防止
捻挫と靭帯損傷の違いについて/重症度で判断することが出来ます
捻挫でサポーターはいつまでつけるべき!?/期間はどれくらい?
捻挫の治療で湿布を貼る期間はいつまで?/およその目安について
捻挫で包帯を使う処置を受けた場合「寝るとき」の注意するポイント
捻挫を早く治す効果がある食べ物/おすすめの4つの成分
足の甲の捻挫は病院で治療すると良い!?その理由は?
捻挫の腫れや浮腫(むくみ)の解消方法/回復期は温めることが必要
手首を捻挫して手の甲が腫れる原因/靭帯損傷してるかもしれない
足の甲を捻挫して治らない時の対処方法/骨折と間違っていませんか?
捻挫した時「冷やす」時間はどのくらい?/長すぎないように注意
捻挫の治療は病院の何科を受診すればいいの?/整形外科?内科?
捻挫でリハビリを始めるベストタイミング/いつから始めるべき?
捻挫で靭帯が伸びる症状の対処方法/心がけたい予防について
電気治療は捻挫の回復を早める効果が期待できます!
足の甲の捻挫が完治するまでの期間/治療で気を付けるべきポイント
捻挫をしてギプスしている期間はどのくらい?/リハビリも重要になる
軽度捻挫なら効果と作用が期待できる「冷えピタ」で応急処置
捻挫の腫れがおさまる期間/重症度によって異なります
腰椎捻挫のリハビリの方法/始めるタイミングも重要です
足首の捻挫が治らない原因/早く治すための対処方法について
捻挫には湿布が良い!モーラステープは効果とは!?
捻挫による松葉杖の使用期間と注意点について
捻挫に効果的なロキソニンテープの使用方法/副作用にも注意
押すと痛い捻挫の対処方法/腫れ、痛みを緩和させる為に
捻挫のリハビリはいつから行えばいい?固定期間中も行う?