捻挫 治らない 足の甲 対処

足の甲を捻挫して治らない時の対処方法/骨折と間違っていませんか?

スポンサーリンク

スポーツや歩行時の転倒等によって足の甲を捻挫した場合、なかなか治らない時の対処法はいくつかあります。

 

捻挫が治らない場合は早急に外科に行くことを推奨します。
外科では最初に医師による問診が行われます。

 

そしてその後にレントゲン検査を行って、足の甲の骨に異常がないかを調べます。
その理由は、痛みが治らない場合は骨に異常がある場合があるからです。
レントゲン検査の結果、骨に異常がないと判明した場合は捻挫をしている足の甲をしっかりと固定する事が重要です。

 

無理に足を動かしてしまうと、症状が悪化してしまうために、安静にしている事が早期回復のための対処法です。
また、足の甲の捻挫が治らない場合は患部を温める事も回復のために有効です。

 

例えば温泉に行くことも捻挫の対処法として有効です。
この場合は温泉の成分や口コミを調べて、そして捻挫に効くと評判の良い温泉を選ぶ事を推奨します。

 

足の甲は歩行など日常生活で重要な身体部分なために、根気よく治療をすることが大切です。

スポンサーリンク

スポーツ等によって足の甲を捻挫をした後に、なかなか治らない時に無理をすることは厳禁です。

 

部活動で捻挫をした場合は、回復するまで休む事が早期回復のための対処法となります。
また足の甲に湿布を貼ることも早期回復のための対処法となります。

 

この場合、市販の湿布よりも病院で処方してもらう湿布薬の方が効果が大きい事があります。
もっとも効果が大きい反面として、副作用の可能性があるために使用の際は医師や薬剤師に相談をする事を推奨します。

 

また、捻挫が治らない時であっても焦らずに過ごす事が、早期回復のために良い対処法となります。
足の甲を捻った時に、完全に治らないのに無理に身体を動かしてしまうと症状をぶり返してしまう場合があります。

 

足の甲を捻って痛めた場合にマッサージなどの対処法は、無理な指圧によって再び患部を痛めてしまう可能性があるために注意が必要です。
病院によってはレーザー治療によって患部の治療を行うケースもあります。

スポンサーリンク

関連ページ

捻挫で起こる腫れやむくみ/早期治療で後遺症を防止
手首を捻挫した場合の痛みが続く期間はいつまで?
足首捻挫後に後遺症が残さないために/重要なリハビリ方法について
癖になる捻挫の正しい治し方/きちんと処置することで再発防止
捻挫と靭帯損傷の違いについて/重症度で判断することが出来ます
捻挫でサポーターはいつまでつけるべき!?/期間はどれくらい?
捻挫の治療で湿布を貼る期間はいつまで?/およその目安について
捻挫で包帯を使う処置を受けた場合「寝るとき」の注意するポイント
捻挫を早く治す効果がある食べ物/おすすめの4つの成分
足の甲の捻挫は病院で治療すると良い!?その理由は?
捻挫の腫れや浮腫(むくみ)の解消方法/回復期は温めることが必要
捻挫した時の「電気治療」で得られる効果と鎮痛作用について
手首を捻挫して手の甲が腫れる原因/靭帯損傷してるかもしれない
捻挫した時「冷やす」時間はどのくらい?/長すぎないように注意
捻挫の治療は病院の何科を受診すればいいの?/整形外科?内科?
捻挫でリハビリを始めるベストタイミング/いつから始めるべき?
捻挫で靭帯が伸びる症状の対処方法/心がけたい予防について
電気治療は捻挫の回復を早める効果が期待できます!
足の甲の捻挫が完治するまでの期間/治療で気を付けるべきポイント
捻挫をしてギプスしている期間はどのくらい?/リハビリも重要になる
軽度捻挫なら効果と作用が期待できる「冷えピタ」で応急処置
捻挫の腫れがおさまる期間/重症度によって異なります
腰椎捻挫のリハビリの方法/始めるタイミングも重要です
足首の捻挫が治らない原因/早く治すための対処方法について
捻挫には湿布が良い!モーラステープは効果とは!?
捻挫による松葉杖の使用期間と注意点について
捻挫に効果的なロキソニンテープの使用方法/副作用にも注意
押すと痛い捻挫の対処方法/腫れ、痛みを緩和させる為に
捻挫のリハビリはいつから行えばいい?固定期間中も行う?