捻挫 冷やす 時間

捻挫した時「冷やす」時間はどのくらい?/長すぎないように注意

スポンサーリンク

捻挫とは、手首や足首を捻ることで、骨と骨の繋ぎをしている役割をしている部分に傷がつくことで起こる症状のことをいいます。

 

運動中でのアクシデントや日々の生活でも起こることがある捻挫のため、その対処についてはきちんと理解しておくことが大事となります。
捻挫の80%は軽度なものですが、正しい対処をしないがためにより重度な怪我に繋がってしまうこともあります。

 

まず捻挫してしまった際には、正しい応急処置を行い、その上でセルフケアで良いのか病院で診てもらうのかを判断する必要があります。
病院で診てもらうかどかの基準としては、靭帯まで傷ついているかどうかということがあります。

 

到達していない場合はセルフケアで十分治すことが可能と言われており、痛みが小さければ1、2週間程度様子を見ることが大事となります。
怪我をした直後の応急処置と、3日以降の慢性時の処置を実行しながら様子を見て時間が経っても痛みが引かない場合等は病院で診てもらうのが良いとされています。

スポンサーリンク

実際に捻挫をした際の応急処置としては、安静にすること、冷やすこと、圧迫すること、挙上することの4つが原則となります。

 

捻挫の際には、痛みがある部分をしっかりと固定し衝撃を与えないようにすることが治す時間を短くするポイントとなります。
また氷や冷感湿布でしっかり冷やすことも大事となります。

 

冷やす時間としては、15分から20分程度の時間が目安とされています。
あまり長い時間冷やすと、しもやけになる可能性もあるため、それ以上の時間続けて冷やすことがないようにすることが大事となります。

 

また、腫れの原因である内出血を止めるため、包帯等で軽く圧迫したり、内出血等が酷い際には、うっ血等を防ぐため心臓より高い位置に心臓をあげることも重要です。

 

このようなポイントがありますが、特に重要となるのは捻挫してからいかに早く冷やすかということになります。
冷やすことを早めに行うことで腫れを防ぐことができ、捻挫の症状を緩和できます。

 

時間が経ち、痛みや腫れが治まれば今度は患部を温めることでより早く治すことに繋がります。

スポンサーリンク

関連ページ

捻挫で起こる腫れやむくみ/早期治療で後遺症を防止
手首を捻挫した場合の痛みが続く期間はいつまで?
足首捻挫後に後遺症が残さないために/重要なリハビリ方法について
癖になる捻挫の正しい治し方/きちんと処置することで再発防止
捻挫と靭帯損傷の違いについて/重症度で判断することが出来ます
捻挫でサポーターはいつまでつけるべき!?/期間はどれくらい?
捻挫の治療で湿布を貼る期間はいつまで?/およその目安について
捻挫で包帯を使う処置を受けた場合「寝るとき」の注意するポイント
捻挫を早く治す効果がある食べ物/おすすめの4つの成分
足の甲の捻挫は病院で治療すると良い!?その理由は?
捻挫の腫れや浮腫(むくみ)の解消方法/回復期は温めることが必要
捻挫した時の「電気治療」で得られる効果と鎮痛作用について
手首を捻挫して手の甲が腫れる原因/靭帯損傷してるかもしれない
足の甲を捻挫して治らない時の対処方法/骨折と間違っていませんか?
捻挫の治療は病院の何科を受診すればいいの?/整形外科?内科?
捻挫でリハビリを始めるベストタイミング/いつから始めるべき?
捻挫で靭帯が伸びる症状の対処方法/心がけたい予防について
電気治療は捻挫の回復を早める効果が期待できます!
足の甲の捻挫が完治するまでの期間/治療で気を付けるべきポイント
捻挫をしてギプスしている期間はどのくらい?/リハビリも重要になる
軽度捻挫なら効果と作用が期待できる「冷えピタ」で応急処置
捻挫の腫れがおさまる期間/重症度によって異なります
腰椎捻挫のリハビリの方法/始めるタイミングも重要です
足首の捻挫が治らない原因/早く治すための対処方法について
捻挫には湿布が良い!モーラステープは効果とは!?
捻挫による松葉杖の使用期間と注意点について
捻挫に効果的なロキソニンテープの使用方法/副作用にも注意
押すと痛い捻挫の対処方法/腫れ、痛みを緩和させる為に
捻挫のリハビリはいつから行えばいい?固定期間中も行う?