捻挫 リハビリ タイミング いつ

捻挫でリハビリを始めるベストタイミング/いつから始めるべき?

スポンサーリンク

捻挫についてリハビリのタイミングをテーマにどの様な対応をするのが最善か考えていきましょう。
捻挫とは足首や手首などの間接を捻る事で靭帯や筋肉、骨などが過剰に伸ばされ、負荷がかかりダメージを負った状態をいいます。

 

捻挫は適切な治療とリハビリをしないと癖になる場合がありますので治療とリハビリのタイミングについてしっかり知る事で怪我のしにくい体造りをしていききましょう。
捻挫をした部分は損傷した事で本来の耐久性を失った状態にあります。

 

リハビリのタイミングを計る上で大切なのはまず適切な処置をした上で損傷した部分が回復する事が前提となってきます。
捻挫程度と考え自分の判断したタイミングで無理にリハビリしますと後遺症が残る場合もありますのでまずは治療に専念しましょう。

 

捻挫の一般的な症状は内出血する事で腫れや痛みがでますので自身の状態は比較的わかりやすいです。
酷い捻挫の場合ですと骨にヒビがはいっていたり、場合によっては捻挫では無く骨折であったという事もありますので怪我をした時点で整形外科に行く事が適切です。

スポンサーリンク

怪我が治れば次はリハビリのタイミングです。
軽度の捻りでも数日から2週間前後はリハビリのタイミングには適していません。

 

腫れや痛みが完全に治まってからがタイミングですので軽くても約2週間様子を見て痛みが無いか確認しましょう。
中度の症状ですと2週間から1か月かかります。

 

この場合靭帯が断裂している恐れがありますので病院の先生が支持を出すまでは動かさない様にしましょう。
重症になりますと1か月以上かかります。

 

大きな怪我ですので人によっては手術する場合もあります。
この段階になりますと専門家が全て指示をしてくれますので必ず専門家の指示に従いましょう。

 

リハビリを行う意義は動かさない期間の間に起きた筋力の低下を通常のレベルに戻す事と、狭まった関節の可動域を回復させる事です。
つまり日常の状態に戻すという事です。

 

そのためにもまずは怪我の回復が何よりも優先されます。
捻挫という名前だけ聞くと軽い怪我に聞こえますが例に挙げました様に症状にも差があります。

 

つまり、リハビリのタイミングにも差がありますのでまずは整形外科などの専門機関に行きましょう。
自分の状態に合わせたタイミングを専門家に指示してもらう事が最も確実です。

スポンサーリンク

関連ページ

捻挫で起こる腫れやむくみ/早期治療で後遺症を防止
手首を捻挫した場合の痛みが続く期間はいつまで?
足首捻挫後に後遺症が残さないために/重要なリハビリ方法について
癖になる捻挫の正しい治し方/きちんと処置することで再発防止
捻挫と靭帯損傷の違いについて/重症度で判断することが出来ます
捻挫でサポーターはいつまでつけるべき!?/期間はどれくらい?
捻挫の治療で湿布を貼る期間はいつまで?/およその目安について
捻挫で包帯を使う処置を受けた場合「寝るとき」の注意するポイント
捻挫を早く治す効果がある食べ物/おすすめの4つの成分
足の甲の捻挫は病院で治療すると良い!?その理由は?
捻挫の腫れや浮腫(むくみ)の解消方法/回復期は温めることが必要
捻挫した時の「電気治療」で得られる効果と鎮痛作用について
手首を捻挫して手の甲が腫れる原因/靭帯損傷してるかもしれない
足の甲を捻挫して治らない時の対処方法/骨折と間違っていませんか?
捻挫した時「冷やす」時間はどのくらい?/長すぎないように注意
捻挫の治療は病院の何科を受診すればいいの?/整形外科?内科?
捻挫で靭帯が伸びる症状の対処方法/心がけたい予防について
電気治療は捻挫の回復を早める効果が期待できます!
足の甲の捻挫が完治するまでの期間/治療で気を付けるべきポイント
捻挫をしてギプスしている期間はどのくらい?/リハビリも重要になる
軽度捻挫なら効果と作用が期待できる「冷えピタ」で応急処置
捻挫の腫れがおさまる期間/重症度によって異なります
腰椎捻挫のリハビリの方法/始めるタイミングも重要です
足首の捻挫が治らない原因/早く治すための対処方法について
捻挫には湿布が良い!モーラステープは効果とは!?
捻挫による松葉杖の使用期間と注意点について
捻挫に効果的なロキソニンテープの使用方法/副作用にも注意
押すと痛い捻挫の対処方法/腫れ、痛みを緩和させる為に
捻挫のリハビリはいつから行えばいい?固定期間中も行う?