捻挫 ギプス 期間

捻挫をしてギプスしている期間はどのくらい?/リハビリも重要になる

スポンサーリンク

足首を捻挫してしまった場合、テーピングを行ったり固定する必要が出てきます。
このときのテーピングを行う以外の方法としてはギプス(ギブス)があります。

 

種類は豊富ですが、テーピングで固定する程度であれば、包帯を使うこともできます。
その他にも石膏を使っているものだったり、U字ギプスもあります。

 

捻挫をしてしまうとそれが癖になってしまい、何度も再発してしまうことがあります。
ですので、そのような状態になってしまわないようにするためにもギプスで固定して治療を行うことが大切になってきます。

 

テーピングとはまた異なってくる専用の綿類を使っているものである場合、日常生活に支障が出てしまうといった心配はありません。
患部に布を巻きつけることになるので、どれくらいの期間付けなければいけないのか心配になってくるところですが、装着期間はひどい状態になっていなければ1ヶ月から1ヵ月半程度の期間を必要とします。

 

整形外科だったり、接骨院を受診しないといけませんが、そこでしっかりと相談することが大切になってきます。

スポンサーリンク

ギプスを装着している期間が終わってギプスを外せたとしてもすぐに元の生活に戻ることができるというわけではありません。
今まであまり動かしていなかったことになるのでリハビリを行う必要が出てきます。

 

足首の捻挫に関しては特に歩くことがリハビリとなってくるので、必ずリハビリを行わなければいけないというわけではありません。
リハビリはできるだけ行うようにするといったことが望ましいですが、筋力が落ちてしまっているので軽い筋力トレーニングを行うようにするだけでも大きな違いが出てきます。

 

普通のウォーキングだったり、散歩を行うだけでも効果があるともいわれていますが、特にプールの中でのウォーキングは効果が高くなってきます。

 

捻挫をしてしまったらテーピングやギプスなどで固定することが大切になってきます。
ギプスをしている期間は絶対に外さないようにして捻挫が治るまでの期間固定しているようにしましょう。

 

捻挫をしてしまって固定をしないでそのままにしている悪化してしまいますっし、捻挫をしてギプスで固定していたとしても期間を守らないとさらに悪化してしまうことがあります。

スポンサーリンク

関連ページ

捻挫で起こる腫れやむくみ/早期治療で後遺症を防止
手首を捻挫した場合の痛みが続く期間はいつまで?
足首捻挫後に後遺症が残さないために/重要なリハビリ方法について
癖になる捻挫の正しい治し方/きちんと処置することで再発防止
捻挫と靭帯損傷の違いについて/重症度で判断することが出来ます
捻挫でサポーターはいつまでつけるべき!?/期間はどれくらい?
捻挫の治療で湿布を貼る期間はいつまで?/およその目安について
捻挫で包帯を使う処置を受けた場合「寝るとき」の注意するポイント
捻挫を早く治す効果がある食べ物/おすすめの4つの成分
足の甲の捻挫は病院で治療すると良い!?その理由は?
捻挫の腫れや浮腫(むくみ)の解消方法/回復期は温めることが必要
捻挫した時の「電気治療」で得られる効果と鎮痛作用について
手首を捻挫して手の甲が腫れる原因/靭帯損傷してるかもしれない
足の甲を捻挫して治らない時の対処方法/骨折と間違っていませんか?
捻挫した時「冷やす」時間はどのくらい?/長すぎないように注意
捻挫の治療は病院の何科を受診すればいいの?/整形外科?内科?
捻挫でリハビリを始めるベストタイミング/いつから始めるべき?
捻挫で靭帯が伸びる症状の対処方法/心がけたい予防について
電気治療は捻挫の回復を早める効果が期待できます!
足の甲の捻挫が完治するまでの期間/治療で気を付けるべきポイント
軽度捻挫なら効果と作用が期待できる「冷えピタ」で応急処置
捻挫の腫れがおさまる期間/重症度によって異なります
腰椎捻挫のリハビリの方法/始めるタイミングも重要です
足首の捻挫が治らない原因/早く治すための対処方法について
捻挫には湿布が良い!モーラステープは効果とは!?
捻挫による松葉杖の使用期間と注意点について
捻挫に効果的なロキソニンテープの使用方法/副作用にも注意
押すと痛い捻挫の対処方法/腫れ、痛みを緩和させる為に
捻挫のリハビリはいつから行えばいい?固定期間中も行う?