捻挫 湿布 モーラステープ 効果

捻挫には湿布が良い!モーラステープは効果とは!?

スポンサーリンク

スポーツなどをしていると捻挫ということはよくあります。
その時に一般的に行われるのが湿布による治療です。

 

もちろん普通に整形外科に行って診察を受けた際にも処方されることが多いといえます。
しかし市販の物を探すときには非常に多くの種類が出ていて最適なものを探すのに判断できないほどです。

 

その中でもモーラステープは非常に効果が高く使用されることも多く捻挫の際に用いる湿布としても非常に人気があります。
モーラステープは貼り付けた箇所から患部に浸透して効果を発揮し始めます。

 

捻挫などで炎症が起きている場合も抑えてくれて痛みもとってくれます。
何よりも即効性があるというのが大きな特徴になります。

 

薄くて伸縮性も高いため非常に目立ちにくく使いやすいということも特徴です。
湿布としては万能ともいえる能力を備えていますが、モーラステープには使用上の注意点もあります。

 

貼った箇所を日光に当てると炎症が起きたりすることがあるので要注意です。

スポンサーリンク

効果は大変高く注意点さえ守れば非常に効果的な湿布であるモーラステープですが、捻挫を早く治したいからと短時間に何枚も張り替えたりしても湿布としての効果としてはモーラステープの場合には変わることがないといえます。

 

そういう意味では効果の持続する時間をしっかりと確認して適切な間隔をあけて使用するということが重要になってきます。
捻挫は完治するまでにある程度の時間を要するということがあります。
焦らずにじっくりと湿布を貼って治すということが大切になってきます。

 

モーラステープは長時間にわたって効果が持続するということがあり、なおかつ薄く伸縮性も高いために衣服などへの影響も少ないので使いやすさもあります。
捻挫した際に使う湿布としてのモーラステープの効果は非常に高いといえます。

 

捻挫をすると痛みが一番つらい症状でもあります。
湿布を貼ることで痛みを効果的にとってくれるので楽になります。

 

モーラステープはその代表格だといえます。

スポンサーリンク

関連ページ

捻挫で起こる腫れやむくみ/早期治療で後遺症を防止
手首を捻挫した場合の痛みが続く期間はいつまで?
足首捻挫後に後遺症が残さないために/重要なリハビリ方法について
癖になる捻挫の正しい治し方/きちんと処置することで再発防止
捻挫と靭帯損傷の違いについて/重症度で判断することが出来ます
捻挫でサポーターはいつまでつけるべき!?/期間はどれくらい?
捻挫の治療で湿布を貼る期間はいつまで?/およその目安について
捻挫で包帯を使う処置を受けた場合「寝るとき」の注意するポイント
捻挫を早く治す効果がある食べ物/おすすめの4つの成分
足の甲の捻挫は病院で治療すると良い!?その理由は?
捻挫の腫れや浮腫(むくみ)の解消方法/回復期は温めることが必要
捻挫した時の「電気治療」で得られる効果と鎮痛作用について
手首を捻挫して手の甲が腫れる原因/靭帯損傷してるかもしれない
足の甲を捻挫して治らない時の対処方法/骨折と間違っていませんか?
捻挫した時「冷やす」時間はどのくらい?/長すぎないように注意
捻挫の治療は病院の何科を受診すればいいの?/整形外科?内科?
捻挫でリハビリを始めるベストタイミング/いつから始めるべき?
捻挫で靭帯が伸びる症状の対処方法/心がけたい予防について
電気治療は捻挫の回復を早める効果が期待できます!
足の甲の捻挫が完治するまでの期間/治療で気を付けるべきポイント
捻挫をしてギプスしている期間はどのくらい?/リハビリも重要になる
軽度捻挫なら効果と作用が期待できる「冷えピタ」で応急処置
捻挫の腫れがおさまる期間/重症度によって異なります
腰椎捻挫のリハビリの方法/始めるタイミングも重要です
足首の捻挫が治らない原因/早く治すための対処方法について
捻挫による松葉杖の使用期間と注意点について
捻挫に効果的なロキソニンテープの使用方法/副作用にも注意
押すと痛い捻挫の対処方法/腫れ、痛みを緩和させる為に
捻挫のリハビリはいつから行えばいい?固定期間中も行う?