捻挫 押すと痛い 対処方法

押すと痛い捻挫の対処方法/腫れ、痛みを緩和させる為に

スポンサーリンク

捻挫は、押すと痛いものですが、中には押しても痛くないものも存在しています。
ただし、痛くないからといって大丈夫とは限りません。

 

効果的な対処方法は、すぐに病院で診てもらうことです。
捻挫はきちんと治さないと同じ箇所で、捻挫になりやすくなるケースが多いです。
結果として完治しにくくなってしまいます。

 

押すと痛い捻挫であれば、症状としてはよくあるものです。
対処方法を間違えなければ比較的早く治すことが可能です。

 

基本的な対処方法は同じです。
まずは安静して患部を冷やせばいいです。
無理に歩こうとすれば、捻挫が悪化してしまうはずです。

 

押すと痛いなら、痛みの程度を確認することも忘れてはいけません。
症状が軽いならば激しい痛みがでることはありません。

 

症状が重ければ押すと痛いだけではなく動かすことも難しいということもありえます。
また、激痛があれば捻挫ではなく骨折しているかもしれません。

 

押すと痛い捻挫でも、患部を固定してなるべく早めに医師に連れて行くといった対処方法が必要です。

スポンサーリンク

押すと痛いなどの症状がある時の対処方法は、応急処置をすることから始まりますが冷やし方を間違えてはいけません。
押すと痛い捻挫ならば、患部が炎症を起こしている可能性が高いです。

 

そのため冷やす対処方法を有効ですが、必要以上に冷やしてはいけません。
数十分程度冷やしたら、いったん冷やすのをやめて様子を見ればいいです。
冷やしすぎてしまうと、血行が悪くなり回復するまでに時間がかかってしまいます。

 

状況によって違いますが、温めることも必要になってきます。
適切な対処方法かどうか判断しにくい時は、医師に相談すれば問題ないです。

 

捻挫はよく知られている症状ですが、治るまでに時間がかかることも多いです。
痛みという症状がなくなっても、完治しているとは限りません。

 

再発させないためにも、医師に診てもらったほうが効果的です。
適切な治療が受けられるだけではなく、早く治りやすい状態にできます。

 

日常生活に支障をきたさないためにも、正しい対処方法を知っておくとよいです。

スポンサーリンク

関連ページ

捻挫で起こる腫れやむくみ/早期治療で後遺症を防止
手首を捻挫した場合の痛みが続く期間はいつまで?
足首捻挫後に後遺症が残さないために/重要なリハビリ方法について
癖になる捻挫の正しい治し方/きちんと処置することで再発防止
捻挫と靭帯損傷の違いについて/重症度で判断することが出来ます
捻挫でサポーターはいつまでつけるべき!?/期間はどれくらい?
捻挫の治療で湿布を貼る期間はいつまで?/およその目安について
捻挫で包帯を使う処置を受けた場合「寝るとき」の注意するポイント
捻挫を早く治す効果がある食べ物/おすすめの4つの成分
足の甲の捻挫は病院で治療すると良い!?その理由は?
捻挫の腫れや浮腫(むくみ)の解消方法/回復期は温めることが必要
捻挫した時の「電気治療」で得られる効果と鎮痛作用について
手首を捻挫して手の甲が腫れる原因/靭帯損傷してるかもしれない
足の甲を捻挫して治らない時の対処方法/骨折と間違っていませんか?
捻挫した時「冷やす」時間はどのくらい?/長すぎないように注意
捻挫の治療は病院の何科を受診すればいいの?/整形外科?内科?
捻挫でリハビリを始めるベストタイミング/いつから始めるべき?
捻挫で靭帯が伸びる症状の対処方法/心がけたい予防について
電気治療は捻挫の回復を早める効果が期待できます!
足の甲の捻挫が完治するまでの期間/治療で気を付けるべきポイント
捻挫をしてギプスしている期間はどのくらい?/リハビリも重要になる
軽度捻挫なら効果と作用が期待できる「冷えピタ」で応急処置
捻挫の腫れがおさまる期間/重症度によって異なります
腰椎捻挫のリハビリの方法/始めるタイミングも重要です
足首の捻挫が治らない原因/早く治すための対処方法について
捻挫には湿布が良い!モーラステープは効果とは!?
捻挫による松葉杖の使用期間と注意点について
捻挫に効果的なロキソニンテープの使用方法/副作用にも注意
捻挫のリハビリはいつから行えばいい?固定期間中も行う?