捻挫 リハビリ いつから

捻挫のリハビリはいつから行えばいい?固定期間中も行う?

スポンサーリンク

捻挫とは、関節に関節が動かせる範囲を超えた動きが与えられたために起こる損傷です。
捻挫すると患部に痛みや腫れ、熱などを伴い炎症を起こします。

 

関節のある部分全てに起こるとされており、ぎっくり腰やムチウチ、突き指なども捻挫の一種といえます。
捻挫はきちんとリハビリをしなくては、関節が今後同じように動かなくなることも考えられるため注意が必要です。

 

軽度の捻挫を治療する場合には、湿布薬などが市販されていますが、ひどい時には病院に行くことが大切です。

 

軽度なら数日〜2週間程度、中度ならテーピングなどで固定して2〜3週間、重度なら靭帯が断絶している場合も多く手術をしたり、ギプスなどの強固な固定が必要で1〜2か月程度で日常生活に戻れるようになります。

 

リハビリをいつから行えば良いかは、捻挫の症状の度合いによって異なってきます。
いつから始めれば良いかは、痛みや腫れなどの症状がなくなってからとされています。

 

適切なリハビリをしなくては余計に症状を悪化させてしまうため、いつから始めてどのようなリハビリをするかは医師の指導のもと行うことが重要です。

スポンサーリンク

捻挫のリハビリはいつから始めれば良いかは、症状の度合いによって違ってきますが、どの状態であれなるべく適切に早期から始めることで筋力低下などを防ぐことができるようになります。
いつからでも始めてもいいリハビリとしては、足の指でタオルをつかんだり、ダンベルなどを使って手首を鍛えるなどは固定期からでも行えます。

 

軽度のリハビリは1週間後程度の痛みや腫れが引いた時から始めます。

 

中度の場合には、固定期間中からでもできるリハビリを行っていきます。
いつでもできますが、痛めた靭帯に負担がかからないようにすることが必要です。

 

重度の場合いつからと明言することはできず、医師の診断によって決まります。

 

筋力や神経の働きの低下を抑えるには固定しながらできるものを積極的に行うようにすることが良いとされています。
患部以外を動かすことによって体力低下を防ぐことができ、いつからかは状態によって異なりますが、ギプスではなくサポーターに固定が変わることでリハビリ内容は変わってきます。

スポンサーリンク

関連ページ

捻挫で起こる腫れやむくみ/早期治療で後遺症を防止
手首を捻挫した場合の痛みが続く期間はいつまで?
足首捻挫後に後遺症が残さないために/重要なリハビリ方法について
癖になる捻挫の正しい治し方/きちんと処置することで再発防止
捻挫と靭帯損傷の違いについて/重症度で判断することが出来ます
捻挫でサポーターはいつまでつけるべき!?/期間はどれくらい?
捻挫の治療で湿布を貼る期間はいつまで?/およその目安について
捻挫で包帯を使う処置を受けた場合「寝るとき」の注意するポイント
捻挫を早く治す効果がある食べ物/おすすめの4つの成分
足の甲の捻挫は病院で治療すると良い!?その理由は?
捻挫の腫れや浮腫(むくみ)の解消方法/回復期は温めることが必要
捻挫した時の「電気治療」で得られる効果と鎮痛作用について
手首を捻挫して手の甲が腫れる原因/靭帯損傷してるかもしれない
足の甲を捻挫して治らない時の対処方法/骨折と間違っていませんか?
捻挫した時「冷やす」時間はどのくらい?/長すぎないように注意
捻挫の治療は病院の何科を受診すればいいの?/整形外科?内科?
捻挫でリハビリを始めるベストタイミング/いつから始めるべき?
捻挫で靭帯が伸びる症状の対処方法/心がけたい予防について
電気治療は捻挫の回復を早める効果が期待できます!
足の甲の捻挫が完治するまでの期間/治療で気を付けるべきポイント
捻挫をしてギプスしている期間はどのくらい?/リハビリも重要になる
軽度捻挫なら効果と作用が期待できる「冷えピタ」で応急処置
捻挫の腫れがおさまる期間/重症度によって異なります
腰椎捻挫のリハビリの方法/始めるタイミングも重要です
足首の捻挫が治らない原因/早く治すための対処方法について
捻挫には湿布が良い!モーラステープは効果とは!?
捻挫による松葉杖の使用期間と注意点について
捻挫に効果的なロキソニンテープの使用方法/副作用にも注意
押すと痛い捻挫の対処方法/腫れ、痛みを緩和させる為に