肋骨 打撲 全治

肋骨を打撲した時に全治(完治)までどのくらいかかる?/目安の期間

スポンサーリンク

胸部に外傷を受けた際に最も多く受傷する部位は肋骨で有り骨折や打撲をする事が多いので注意が必要です。
しかし注意をしていても事故や不注意でぶつけてしまう事も多いと思います。

 

肋骨は強度が有ると言われていますが、強い衝撃を肋骨に与えてしまった時は折れたりヒビが入ってしまう事も有り打撲をしてしまった際にはケアをする事がとても大切になってきます。

 

肋骨を打撲した際に起こり得る症状は軽いものならば患部の皮下出血、患部の腫れ等を起こすことが有ります。
強い力が加わってしまった打撲の際は呼吸がしにくくなってしまったり、胸部に激しい痛みが走りショック症状を起こす事も起こり得ます。

 

わき腹付近に長い期間痛みや違和感を感じている場合はなるべく早く医療機関に赴き適切な診察と治療を受けることが重要となってきます。
医療機関に関してですが整形外科が有る病院を選べば専門の医師が居ますので安心して診察を受ける事が出来ます。

スポンサーリンク

肋骨に打撲を負った際に全治までにどのくらいの期間が必要になってくるかは、受けたダメージの大きさにより治癒期間は変わってきます。
医療機関で受ける検査は主に視診、打診、聴診、触診等でさらに胸部X線やCT検査、心電図等を行う場合も有ります。

 

治療は主に鎮痛剤、湿布薬を処方され経過を診て行くことが多いです。

 

全治までの治癒期間ですがだいたい一ヶ月から二ヶ月の長めの治癒期間が必要となってきます。

 

検査の際に骨折している箇所があった場合全治するまでさらに時間がかかることもあります。
インターネットを利用して細かく検索していくと治療や医療機関に関して詳しく紹介されているサイト等もあり情報収集の際は利用すると便利です。

 

全治まで身体を安静に過ごさなくてはいけない期間が有るので負荷をかけないようにしばらく過ごして行くことになります。
胸部に打撲を負った際には危険な状態の場合も有りますので違和感等を感じた時は早めの医療機関の受診をおすすめいたします。

スポンサーリンク