顔 打撲 何科

顔を打撲した際は何科を受診すればいい?注意しなければならないこと

スポンサーリンク

体の一部を強くぶつける事で腫れや痛み、内出血などを引き起こす症状を打撲といいます。
普段の生活をしていても転倒したりスポーツを行っているときに多く発生します。

 

高齢者の方や自由に動き回る子供、動きや接触の多いスポーツを行っている方は打撲を起こしやすいといわれています。

 

ぶつけたときの衝撃が弱いときでも高齢の方や子供は身体が弱い状態のことが多いので打撲の症状が現れることがあります。
動きのあるスポーツをしている人は体も強く筋力もある状態ですが身体をぶつける危険性は他の方よりも高くなっています。

 

しかし普通の方でも転倒してしまったり、不注意でぶつけてしまったりすることで打撲は起こり得ます。
ただ高齢の方、スポーツ選手、小さなお子様の場合普通の方では発生しにくい顔に発生する可能性が高くなります。

スポンサーリンク

腕や脚の身体に負った打撲よりも顔に負った場合のほうが顔は頭に近く衝撃が頭にまで影響を及ぼす可能性があり危険です。

 

非常に強い衝撃を受けた場合、脳震盪等の脳へのダメージを受ける可能性もあります。
身体の他の部位よりも顔には血管や神経が多く走っておりぶつけた際は腫れや痛みが強く出ることがあります。

 

目元付近をぶつけた場合は目を開けられなくなるほど目の周りが腫れあがったり、頬骨、鼻をぶつけてしまった際は骨折することが多いといわれています。
ダメージが神経に及んでしまうと痺れてしまったりすることもあります。

 

顔に打撲を負った際内出血もしていることが多くありますので早めにアイシングをして炎症をおさえるようにしたほうが良いでしょう。

 

顔にダメージを受けた際に何科に受診したほうが良いかということですが、外科、整形外科、頭部もぶつけてしまった場合脳神経外科など様々な選択肢があります。
何科に掛かればよいか自分で判断できないときは総合病院へ行き判断を仰ぐのも良いと思います。

 

またインターネットを活用して何科にかかるべきか、詳しい対処法などを調べるのも良いと思います。
何科に受診するべきか適切に判断し早めの応急処置、病院での治療を受けるようにしましょう。

スポンサーリンク