打撲 皮下血腫 しこり 治療

打撲で皮下血腫ができたとき対処法/しこりの治療について

スポンサーリンク

身体をどこかに強く打ちつけた際に打撲は起こりますが、大体の場合すこし時間が経つと腫れも引いて自然に治っていくものがほとんどです。

 

まれにぶつけた箇所にしこりが残ることがあり、これはぶつけて打撲を負った際にできた皮下血腫である可能性が高くなってきます。

 

皮下血腫は運動中や日常生活の中で転倒などをして身体を打ちつけた際に皮膚の下にできた血の塊のことをいい、この塊が骨のように硬くなりしこりを感じ身体を動かす運動やスポーツなどをした際に痛みを感じることもありますので、適切な治療を受けなくてはならなくなってきます。

 

身体に打撲を負うことでできた皮下血腫はしっかりと医療機関で適切に治療を受けることで短い期間で解決できることが多くなっています。

 

打撲によって皮下血腫が出来た際自然に治癒することもあるにはあるのですが、適切な治療を受けないと長い期間直らないことも多く有ります。

 

このしこりは固まった血を溶かして拡散することが出来ればよくなりますので、しこりが治りづらいときは医療機関で治療を受けることが大切となってきます。

スポンサーリンク

身体に打撲を受けた際一番初めの段階で対応がうまく出来れば内出血をおさえられ怪我の部位の治癒を早めることができます。

 

対応が出来なかったときには内出血が大きくなりこの内出血が後々のトラブルの要因となります。

 

この際の内出血がしばらく時間が経つと皮下血腫となり皮膚の下にしこりとして現れます。

 

これを治療する際に行われる頻度が高いものとしては患部をあたためマッサージなどで揉み解すような治療を行うことが多いですが、これは血が固まってしまったことが要因で起きているためで、この固まってしまった部位を揉み解せば改善できます。

 

このようにマッサージなどを素人が個人で行おうとすると非常に難しい所がありますので、適切に治療を受ける為にも病院で診察してもらうことをおすすめいたします。

スポンサーリンク