膝 打撲 しびれ 原因

膝の打撲でしびれが起こる原因/しこりで起こっている?

スポンサーリンク

スポーツ中に転倒や激突をして膝を打撲してしまったという経験のある方は多くいらっしゃると思います。

 

膝を打撲した際一番主だった症状としては痛みがありますが、ぶつけた患部が内出血してしまったり腫れあがってしまったりしびれ出してしまったりすることがあります。

 

患部にしびれがおきてしまったときは注意をしなければなりません。
なぜならしびれが起きた原因は靭帯が傷ついた場合や、膝のお皿が割れてしまった時の症状として発生することが多くあるからです。

 

普段の生活の中で膝を強打し打撲を負ってしまった際にはすぐに患部を冷やすようにします。
そうすることにより内出血が広がるのを防ぎ傷みが和らいでいきます。

 

内出血を放置するとしこりとなり筋肉の動きの妨げる原因となることがあります。

 

このしこりはマッサージや超音波治療等で解決できますが、酷い状態になってしまうと外科手術で取り除かなくてはならなくなる場合も有りますし、膝がしびれて動かなくなってしまった場合は普段の日常生活でも悪い影響が出てきてしまいますのでそこを忘れないように注意してください。

スポンサーリンク

打撲で膝を痛める原因としてスポーツ中にはやくプレイしたいがための準備運動不足や、試合や練習が終了したあとの気の抜けたとき等に発生しやすくなっていますので周りにいる方も気がついたら注意を促しましょう。

 

また自己判断をして大したことはないと放置しているとしびれがでてきたというような原因になることもあります。
そのため患部を応急処置をして対処したらなるべく早く医療機関へ掛かりましょう。

 

処置が終わった後も足元がおぼつかない状態ですので足元、周りにあるものに対して注意を払いながら生活をしないと、更に転んでしまい別の部位に受傷したなどということも起こりかねませんので注意が必要です。

 

普段から足元や周りの状況に注意して怪我をしないように心がけておきましょう。
また患部を悪化させないように早めに病院へいく事を心がけましょう。

スポンサーリンク