肉離れ 病院 行くべき 症状

病院へ行くべき肉離れの症状と部位

スポンサーリンク

急にスポーツをした時、電車に乗り遅れるとダッシュをした時など、日常のふとした瞬間に起こる肉離れですが、そのまま放置していれば治ってしまう場合もありますので、どのタイミングで病院に行くべきかわかりません。
そこでこちらのページでは、肉離れが起きた時に病院に行くべき部位と症状についての情報をご紹介します。

 

 

【ふくらはぎの肉離れは病院へ行くべき】
ふくらはぎの肉離れは、症状に関わらずすぐに通院すべきだと言われております。
ふくらはぎの肉離れは、再発が多い部位でもありますし、回復がとても遅い部位でもありますので、素人判断は行けません。
なるべく早く行くべき症状あと言えます。

 

 

【病院に行くまでの応急処置】
ふくらはぎの肉離れが起こってしまった場合には、まずはふくらはぎにかかる力を全て抜き、心臓よりも高い一で固定する必要があります。
その状態でアイシングをした状態で痛みが治まるのをまち、それから病院へ行くべきだと言われております。
救急車などを呼び、自分で歩いたり車を運転したりしないように注意してください。

 

 

スポンサーリンク

【病院での治療】
病院での治療は、肉離れの症状にもよりますが、基本的には最初にギブスを付けふくらはぎが動かないように固定する事になります。
そのまま足に負担がかからないように松葉杖をついての生活になります。
足の肉離れの場合には、日常生活において地面と足が接地してしまうと症状が悪化してしまいますので注意が必要になります。
順調な回復を見せてからストレッチなどを行うようになりますので、ある程度、症状が回復するまでは衝撃をあたえないようにする事が重要になります。

 

 

病院へ行くべき症状の場合には、人体の構造上、日常生活をしているだけで、どうしてもダメージを受けてしまいます。
その為、他の部位よりも意識してケアする必要があります。
その為、無理ができないように、松葉杖とギブスでの固定は必須という事になるのです。
ふくらはぎの肉離れの場合には、症状が軽かったり重かったりなどは関係なく、病院へは行くべき案件になります。

スポンサーリンク