軽い 肉離れ 運動 再開

軽い肉離れをした時の運動を再開するタイミング

スポンサーリンク

軽い肉離れはサッカーやバスケットなど激しいスポーツをした時におこりますが、駅まで自転車通勤中であったり、ウォーキングなどでも軽い運動でも肉離れの症状が起きてしまうケースも少なくありません。
軽い肉離れが起きた場合であっても、安静にしていると言われているのですが、何時まで安静にし、何時から運動を再開すればよいのでしょうか。

 

 

【ストレッチで状態を確認】
軽い肉離れを起こした患部は筋膜が損傷していて、内出血などを起こしています。
その為、軽い肉離れであっても出血した時とは違い、目に見えないのですが、かなり傷付いてしまっております。
その為、痛みが引いた場合でもストレッチを行いながら、痛みのある部位や、痛みの強さなどを確認し、運動を再開する時期を確認する必要があります。
治りかけに無理をしてスポーツを再開してしまうと、完治が遅れるだけでなく、癖になってしまい、繰り返し痛みが出るようになってしまいます。
その為、いきなり復帰しないでしっかりと時間をかけてストレッチをして復帰するタイミングを計るのがおすすめです。

 

スポンサーリンク

【スポーツを再開する時期】
肉離れにも病院のいらない軽い物から、触ると皮膚がへこんでしまうような重度の物まで様々あります。
筋膜の損傷具合にもよりますが、軽い肉離れであっても復帰する時期は二週間を目安に症状によって前後させてください。

 

 

【復帰してスポーツを再開するまでに】
痛みが治まっている場合には、徐々に運動できるようにストレッチをしながら状況判断をしていくのですが、仮に痛みが無くなったとしても症状が出やすい怪我ですので、とにかく安静にするようにしてください。
復帰して運動する時には、しばらくの期間は、松葉杖であったり、テーピングやサポーターを使用して、なるべく負担を少なくする努力が必要になります。

 

 

肉離れは癖になりやすい怪我ですので、最初の段階でしっかりと医者に見せて、正しい治療を行う事がその後の治療期間などを左右する事になります。
運動を再開するまで焦ってしまって直ぐに運動してしまうと、今後もスポーツを続けようと思ったら、運動の再開時期はじっくりと直すことをおすすめします。

スポンサーリンク