肉離れ 足首 内出血 対処

肉離れで足首が内出血した時の対処法とは

スポンサーリンク

肉離れという症状をご存知ですか。
運動会であまり運動していない父兄の方がリレーで足を痛めたり、スポーツ選手が試合中に起こす筋肉が断裂する症状の事なのですが、対処法を間違えてしまうと肉離れを起こした部位とは直接的には関係ない足首などが内出血してしまう場合があります。
なぜ対処法を間違えてしまうと肉離れで足首などが内出血してしまうのでしょうか。

 

 

【肉離れの原因】
そもそも肉離れがどうしておきてしまうのかというと、スポーツなどで筋肉が収縮する時に、その負荷に耐え切れずに筋繊維であったり、筋膜の一部分が断裂してしまう症状になります。
激しい運動でなくても、日常生活で使っていない筋肉などを動かした時に準備が出来ていないため、弾性が弱く傷つけてしまうのです。
その為、運動不足の方や普段から運動をしている方であっても痛みが生じてしまうのです。

 

スポンサーリンク

【足首の内出血】
傷んだ部位がふくらはぎや太ももの裏側であったとしても。
足首が内出血してしまうケースがあります。
肉離れは筋繊維が断裂している状態ですから、筋肉の内部にある血管なども切れてしまう場合があります。
その為、毛細血管などはかなり損傷してしまうため、どうしても足首などもアザになってしまったり、細分周辺に流血してしまい、内出血してしまうようになっているのです。

 

 

【内出血が出る時期】
肉離れが起きてすぐには足首に内出血の症状は現れません。
一般的には3日程度が経過してから症状が現れます。
損傷した部位がまた、重力によって徐々に下に落ちて行きますので足首や足先などにもアザや内出血の症状が現れます。
痛みが落ち着いてきた時に現れますので驚かれる方も多いと思います。

 

 

肉離れの症状がでた場合の対処法は、痛みの強さに関わらず、なるべく早目に病院へ行き、正しい対処法を学ぶ事が重要になります。
また、忙しくて病院で対処法を聞けない場合には、肉離れになったら直ぐに氷嚢などを作って、患部をしっかりと冷やす対処を行って下さい。
初期段階の対処法でどれだけ冷やす事ができるのかによって、その後の治療期間が変わって来ますので、を決定する事になります。
3日くらいは意識的に冷やすようにしてください。

スポンサーリンク