肉離れ 痛み止め ロキソニン 効果

肉離れの痛み止めとして効果的なロキソニン

スポンサーリンク

スポーツなどをしている時だけでなく、寝ている時にも急に症状が現れる肉離れですが、急になるので本当にこまります。
筋肉が張っているような感じがして、上手に戻せないような感覚があり、動かすと痛みが現れます。
そんな痛みを抑える効果があるとして注目されているのがロキソニンです。

 

 

【ロキソニンとは】
ロキソニンとは、痛み止めして様々な怪我や病気の際に処方される確率の高い薬です。
主な効果は痛み止め、解熱効果、炎症を抑える効果があります。
副作用としては、発疹などのアレルギー反応がでたり、貧血、食欲不振、嘔吐、吐き気、下痢、頭痛、めまい、むくみなどがあります。

 

 

【肉離れの痛み止めとしてのロキソニン】
ロキソニンは、外科手術をした後に、最初に処方される痛み止めです。
非常に処方される頻度の高い薬ですので、誰でも一度は服用した事があると思います。
肉離れのような痛みの強い症状に対しても非常に高価的な痛み止めとしてロキソニンが用いられております。

 

スポンサーリンク

【貼るタイプもあります】
ロキソニンには貼るタイプのロキソニンパップなどもあります。
肉離れが起きている患部に直接貼る事で痛み止めの効果があります。
肉離れには、症状に合わせて服用する錠剤タイプか、貼るタイプ、もしくは、その両方のタイプが処方されます。

 

 

【肉離れはキチンの病院に行く事が重要です】
ドラッグストアなどに行くと、様々な鎮痛剤が売られており、中には痛み止めの効果が非常に高い物も販売されるようになりました。
しかし、まだまだ病院が処方してくれる薬よりは当然効果が弱く、ドラッグストアだけでは完治する事は難しいと言えます。

 

 

ロキソニンはドラッグストアでも販売されておりますが、しっかりと病院で診察を受ける事で、より効果的な治療方法のアドバイスを受ける事ができます。
松葉杖をレンタルしたり、場合によってはギブスなどをして固定する必要のある肉離れもありますので、素人判断をせずにしっかりと病院に行ってください。

スポンサーリンク