肉離れ 筋肉痛 見分け方

筋肉痛と肉離れの見分け方

スポンサーリンク

スポーツをした翌日、ふくらはぎや太ももの裏が張っている感じがして痛みがある。
そんな経験をした事はありませんか?そういった時には、この張りや痛みが肉離れなのか筋肉痛なのかわからない方も多いと思います。
そこでこちらのページでは、肉離れと筋肉痛の見分け方についての情報をご紹介します。

 

 

【筋肉痛の症状】
筋肉痛は、スポーツをした数時間後から数日後にかけて筋肉に痛みを感じる症状の事です。
普段使っていない筋肉を酷使した場合には、どうしても筋肉を傷めてしまいます。
軽くストレッチをしたり、マッサージをするなどすれば、自然に症状は回復します。

 

 

【筋肉痛と肉離れの違い】
筋肉痛は、筋肉を使用している時に炎症が起きている状況です。
痛みが継続する期間は2日から3日が一般的です。
これに対して肉離れは筋肉が収縮した時に部分的に断裂してしまったり、完全に断裂してしまっているような状況です。
その為、痛みが強く、数日たっても痛みが軽減される事はありません。

 

 

スポンサーリンク

【筋肉痛と肉離れの見分け方】
筋肉痛と肉離れの見分け方としましては、痛みが出るタイミングです。
肉離れの方はすぐに激しい痛みが現れますので、運動中に筋肉が痛いと感じたら肉離れになります。
また、軽度な差異の見分け方としましては、数日たっても痛みが軽減されない場合です。
また、筋肉を伸ばした時に痛みを感じるかどうかも見分け方のポイントになります。
見分け方は複数ありますが、取り合えず痛みの出るタイミングと、痛みが続いている時間が見分け方のポイントになってきます。

 

 

もし、痛みが現れてから1週間近くが経過しても痛みが無くならなかったり、弱まらないような場合は、必ず病院で診察をうけるようにしてください。
肉離れの場合には、とにかく動かさないことが重要になります。
一刻も早く回復させるためには、早目に対策を取る事が重要になりますので、見分け方を覚えておくのはとても重要なおみをもっておりますので、ぜひ覚えておいてください。

スポンサーリンク