肉離れ 寝るとき 包帯 サポーター 圧迫

肉離れで寝るときには包帯やサポーターで圧迫を

スポンサーリンク

肉離れになってしまった時には、とにかく動かさない事が先決になります。
これは、どの病院に行っても同じような指導をされます。
起きている時はもちろんの事、寝るときでさえ圧迫固定しなければいけないのは当然の事なのです。

 

 

【肉離れで寝るときにはサポーターではなく包帯で圧迫固定を】
肉離れで寝るときにはサポーターではなく包帯で圧迫固定をするのがおすすめです。
なぜ、サポーターではなく、包帯での圧迫固定がおすすめなのかというと、サポーターでは強い圧迫がかかってしまうからです。
強すぎる圧迫が長時間続いてしまうと、血管であったり、神経への影響が見られます。
特に足の場合には、腓骨神経がありますので圧迫されると悪影響を受けてしまいます。
仮に強く締め付けたままで放置してしまうと、腓骨神経がマヒして足を曲げる事ができなくなってしまいます。
その為、寝るときには、伸縮性のある包帯を付けるようにするのがおすすめになります。

 

スポンサーリンク

【起きている時との使い分け】
肉離れは、とにかく動かさないようにする事が重要になります。
その為、寝るときにもなるべく動かないように固定する事が重要になります。
固定する方法にも様々あり、完全に固定する事ができるギブスから、軽く固定する包帯まで様々な方法がありますが、軽度から中度の肉離れでしたら、サポーターで十分です。
短時間の固定でしたら取り外しも簡単なサポーターは利便性はもちろんの事、包帯よりもしっかりと圧迫固定する事ができますので寝るとき以外に使用するのがおすすめです。

 

 

肉離れの場合には、炎症が回復したら徐々にストレッチや温めてもみほぐす事が必要になります。
寝るときも包帯やサポーターを使用していた方はかなりかたくなっておりますので、しっかりともみほぐすようにしてください。
そういった判断は素人には難しく、特にふくらはぎなどは肉離れがクセになってしまいますので、しっかりと病院へ通い、医師の指導の下でリハビリなどのタイミングを確認するのがベストです。
くれぐれも個人判断をするのはやめてください。

スポンサーリンク