ぎっくり腰 原因 肉離れ 治癒期間

ぎっくり腰と肉離れの原因と治癒期間

スポンサーリンク

急に重い荷物を持った事が原因でぎっくり腰になってしまう方も多く、一度なってしまうと癖になると言われています。
その為、いつどのような事が原因で起こるのか負担で、多くの方がぎっくり腰におびえて生活しているのですが、しっかりと治療し、再発しないために必要な治癒期間などをご存知でない方が大勢います。

 

 

【ぎっくり腰と肉離れの治癒期間】
治癒期間は症状によってもかなり差があります。
痛みの大小はありますが、基本的には1週間がぎっくり腰の治癒期間の目安になります。
初日から三日くらいは、激痛で寝返りであったり、トイレなどにもいけない時期になりますが、四日目から六日目になりますと徐々に痛みが緩和されていき、コルセットは着用しなければいけませんが、室内を歩けるようになったり、椅子に座る事ができるようになります。
短時間でしたらお風呂に入る事も可能になってきます。
一週間を過ぎると、完全復帰とは行きませんが、徐々に痛みが治まって行き仕事にも復帰できるようになります。
もちろん重い荷物を持つ事はできませんし、立ちあがる時にはゆっくりとするなどの注意は必要になりますが、社会復帰は可能になります。
二週間になりますと、痛みが無くなり、普通に生活する事ができるようになりますので、治癒期間は完了になります。
これに対して肉離れの治癒期間は軽度な物を除くと、およそ一ヵ月から二カ月程度かかりますので肉離れはとても大変です。

 

スポンサーリンク

【ぎっくり腰と肉離れの関係性】
ぎっくり腰と肉離れが起きやすいのは冬などの寒い時期になります。
ぎっくり腰と肉離れは筋肉が硬くなっている時に急に筋肉を使った事が原因で置きやすいので注意が必要になります。
また、肉離れもぎっくり腰も準備運動をせずに筋肉を使った事が原因で起きる事がありますので、事前にしっかりとストレッチをしたり、スポーツの後にマッサージをするなどの痛みを生じる原因をブロックする対処が必要になります。

 

 

ぎっくり腰も肉離れも同じような原因によって炎症が起こる症状になります。
その為、炎症が治まるために時間が必要になるのです。
痛みが出たらとにかく冷やして安静にし、動かないように固定する事が重要になります。
治癒期間も個人判断をせずに、しっかりと整形外科の先生に相談するようにしてください。
完治した後は痛みの原因をしっかりと把握し、原因を理解する事が重要になります。

スポンサーリンク