ふくらはぎ 肉離れ リハビリ 水泳

ふくらはぎなどの下半身の肉離れに効果的な水泳を使ったリハビリ

スポンサーリンク

肉離れを起こした時には事前に回復するのを待つか、適度にマッサージを加える事で回復が早くなります。
他にもプールに入ると良い、とも聞いたことがある方がいると思います。
特にふくらはぎの肉離れに対してのリハビリに水泳が効果的といわれる理由を説明します。

 

 

【浮力の効果】
水泳が肉離れのリハビリに良いというのは本当の事です。
ふくらはぎや太ももなどに症状が起きた初期段階では、アイシングなどの処置をしていきます。
そうした処置をしてから数日すれば症状も落ち着いてきますのでリハビリを開始します。
水泳を使ったものは、水中に入ることにより得られる浮力が重要になってきます。
肉離れは筋肉への負荷が原因となりますので水中に入ることによって体重という負荷を軽減してあげることが出来る、というわけです。

 

スポンサーリンク

【水泳は無理せずに行う事】
体重が負荷になるのは特にふくらはぎなどの下半身ですので、水泳によるリハビリが最も効果的になるのはふくらはぎなどや太ももの裏側に発症した肉離れとなります。
ただし、水泳と言っても激しい運動は絶対に控えてください。
負荷が軽減されているとはいえ激しい運動をしては当然ふくらはぎなどの筋肉に過負荷がかかりますので、折角の効果がなくなってしまいます。
ですので水泳でのリハビリを行う際は水中ウォーキングなどの軽い運動にとどめ、無理はしないようにしましょう。

 

 

【温水プールが望ましい】
水泳のリハビリには他にも水圧が丁度良いマッサージ効果を生むことになるので、可能であれば温水プールなどでリハビリを行うのが望ましくなります。
温水によって体温も温まりふくらはぎなどの筋肉がほぐれる事で、程よく調整してくれますし、マッサージ効果やストレッチなどの効果も高めてくれます。

 

 

肉離れは再発性の高い症状なため、リハビリにはじっくりと時間を掛けて行うことが大事になります。
特にふくらはぎは肉離れが起こりやすい部位でもあるので、焦ってすぐに今まで通りの運動をしようとしても再発してしまったり、悪い場合は悪化してしまい手術しなくてはならなくなってしまう事もあり得ます。
なのでリハビリには焦らずにしっかりと治すという気持ちで臨みましょう。

スポンサーリンク