二の腕の肉離れの症状と対処方法

二の腕の肉離れの症状と対処方法

スポンサーリンク

 

肉離れは二の腕にも起こる可能性があります。
腕は他の部分に比べると筋肉が細く、また首に近いことから違った症状が出る可能性があります。
ここでは二の腕の肉離れの症状や対処方法を述べていきます。

 

 

【二の腕の肉離れの症状】

 

 

ふくらはぎや太ももと違う症状として二の腕の筋肉が損傷してしまうとしびれが起こることがあります。
この原因は首に近い筋肉に損傷が発生することで神経や血管が圧迫されることにあります。
またほかの部位の肉離れと同様に痛みや腫れ、内出血などの症状も起こります。
ですが腕の肉離れはこの内出血が多くなり、強い症状が出る場合があるので注意が必要になります。

 

 

【二の腕の肉離れの早期の対処方法】

 

 

早期の肉離れの対処方法としてはRICE処置を行うことが重要になります。
しかし腕への対処方法としてはRICE処置に含まれる圧迫に注意が必要になります。
腕は筋肉がほかの部分に比べると細いのであまり強く圧迫しすぎると痛みの症状は改善されてもしびれが発生する可能性があります。

 

スポンサーリンク

 

【炎症が引いてからの対処方法】

 

 

二の腕に肉離れが起きて直後に適切な対処を行って炎症や腫れが引いた後は対処方法が変わってきます。
これまでは冷やすことが重要でしたがここからは冷やすと逆に回復を妨げることになります。
効果的は対処方法は患部を温めることと、軽いマッサージです。
また、ツボを利用したものも効果的です。
ツボを押すとそれによって筋肉が緩みやすくなるのでしびれも回避することができます。
かつ筋肉の内部から回復させることができます。
筋肉に損傷が起こると早く復帰したいと焦る気持ちが出てしまうと思いますが治療に焦りは禁物です。
あまり早く治療を進めてしまうと逆に筋肉に負担をかけ、再発してしまう可能性があります。

 

 

二の腕に起こる肉離れの症状にはほかの部位のものとは違いしびれが起こる場合があります。
また筋肉が細いために圧迫の力に注意を払わないと圧迫によってしびれが起こることがあります。
効果的な治療法としてツボを押すものなどがあります。

 

スポンサーリンク