脇腹の肉離れの症状と対処方法

脇腹の肉離れの症状と対処方法

スポンサーリンク

 

肉離れは脇腹にも起こることがあります。
足に比べると起こる頻度は高くはありませんが体に回転を加えて運動するスポーツをしている人はなりやすいといえます。
ここでは症状と対処方法を紹介していきます。

 

 

【脇腹の肉離れとは】

 

 

脇腹の肉離れとは腹斜筋と呼ばれる筋肉が損傷することで起こるものです。
足に比べると起こることは少ないけがですが、野球やゴルフなど体に回転を掛けるようにして動くスポーツを行っていると発生しやすくなります。
スポーツ選手でなくともくしゃみをするときに腹斜筋に大きな負荷がかかると筋肉が損傷してしまうことがあります。

 

 

【脇腹の肉離れの症状】

 

 

代表的な症状としてあげられるのはまず痛みです。
筋肉の損傷の度合いによって痛みの程度も異なってきますが、鈍い痛みが起こったり、突然痛みが起こったりと様々な痛みの症状が発生します。
脇腹の痛みは通常あまり感じることはないので病院で診察を受けるときにどこが痛いのかという症状を表現するのが困難なことがあるようです。
また、痛みの症状が出るのがあばら付近だったりすると内臓の疾患によるものと考える人がいるようです。
運動中に起こったのであれば筋肉に損傷が起こった瞬間に痛みの症状が出るので比較的わかりやすくなっています。

 

スポンサーリンク

 

【脇腹の肉離れの対処方法】

 

 

基本的にどの部分でも肉離れが起こったときの対処方法は安静にすることです。
筋肉が損傷している時に筋肉を動かせば症状が悪化することになります。
脇腹は体の回転に使われる部分なのでなるべく上半身を動かさないようにするのが対処方法としては有効です。
また回転運動だけでなく体幹の屈伸運動も腹斜筋に負担をかけることになるのでしないでください。
また違った側面からの対処方法としてツボを使う方法があります。
腎愈というツボを押す対処です。
このツボを刺激すれば患部に直接触ることなく筋肉を弛緩させ、状態を改選することができます。

 

 

脇腹の肉離れは体に回転を掛けることで動くスポーツをしていると起こりやすいものです。
症状としては痛みが発生します。
対処方法としては安静にすることやツボを利用するものがあります。

 

スポンサーリンク