背中・肩甲骨周りの肉離れの症状と対処法

背中・肩甲骨周りの肉離れの症状と対処法

スポンサーリンク

 

肉離れは背中にも起こることがあります。
肩甲骨周りなどにできることもあります。
足などに起こるよりも治療は比較的治しやすくなっていますがやはり痛みなどの症状が発生し、重度のものになると日常生活に支障をきたすほどになることがあります。
ここでは症状や対処法に関して述べていきたいと思います。

 

 

【背中の肉離れの症状】

 

 

肩甲骨周りなど背中に肉離れができた場合もほかの部分にできるのと同じように患部が腫れたり、押すと痛みがある症状が現れます。
痛みが強いことが多く前屈や後屈、左右への動きを行うと痛みが起こるので上半身を動かして歩くことができない場合があります。
肉離れの程度は2とそれぞれで特定の動きをするときのみ痛みがあるという程度のものから日常生活を送ることすら難しいことがあります。

 

 

【背中の肉離れの原因】

 

 

急激な動きを取ることで発症してしまうほかに背骨のバランスが悪いことでも発症してしまうことがあります。
背骨がゆがんでいることで特定の筋肉に負荷がかかり発症することになります。
また直接的ではなく腕に力を入れすぎることでも発症します。
これは肩甲骨あたりに起きやすいタイプになっています。

 

スポンサーリンク

 

【背中・肩甲骨が痛い原因】

 

 

背中が痛む原因として肉離れによるものもありますが、内臓疾患からの痛みやストレスによる病気や、姿勢が悪いことで肩甲骨あたりが痛むもの、椎間板ヘルニアもあります。
姿勢が悪いことで肩甲骨が痛むものは前かがみの姿勢が続くと背中の筋肉が疲労することで肩甲骨の痛みが発生します。
またレントゲンで異常がみられない場合にはストレスから起こる脊椎過敏症というものでも痛みが発生します。

 

 

【肉離れの対処法】

 

 

最も効果的な対処法は安静にしていることですが、病院で治療を始める最初は消炎剤や湿布を使った対処法を取られます。
そして痛みや腫れなどの症状が治まってきたら背中の筋肉を鍛えることを対処法として取り入れていきます。
肉離れは再発する可能性が高いので日々の生活の中で対処法を取り入れ、常に気を付けることが必要になります。

 

 

背中の肉離れの症状としては他の部分と同じように痛みがあります。
しかし上半身ということで治りは比較的はやい特徴があります。
対処法としては直後は冷却、数日後、症状が改善してきてからは温め、マッサージを行うことが効果的です。

 

スポンサーリンク