肉離れが腫れる原因と対処方法

肉離れが腫れる原因と対処方法

スポンサーリンク

 

肉離れが起こると患部が腫れることがあります。
腫れが起こると治りが遅くなります。
ここでは肉離れによる腫れの原因と早期のタイミングと数日後の対処方法を述べていきたいと思います。

 

 

【患部が腫れる原因】

 

 

ふくらはぎで肉離れが起こっていると考えると、足首が腫れることがあります。
この原因は内出血を起こしていることです。
肉離れは筋肉が損傷していることで起こります。
なので損傷している部分から出血が起こることが患部が腫れる原因になっています。

 

 

【肉離れの応急処置方法】

 

 

腫れる原因である内出血がみられるときには応急処置が重要になります。
ここで対処方法を間違うと患部が腫れることになり、また腫れが悪化して範囲が拡大していきます。
応急処置の方法はまず患部を心臓より高くすることで血圧を下げ、血流を減らし内出血を防ぎます。
そして圧迫しアイシングを行うとひどく腫れるということはありません。

 

スポンサーリンク

 

【長期的な対処方法】

 

 

先程述べた応急処置を行った数日後からは対処方法が変わってきます。
応急処置では冷やすことが重要でしたが、数日後からは温める対処方法が大切になります。
なので湿布を使うことも効果的でしたが、冷やし続けると筋肉を収縮させてしまうことになるので症状を長引かせる原因になってしまうことになります。
また温める対処方法は晴れの原因になっていた内出血を改善することができます。
ですが注意点として患部の腫れや炎症が収まり、状態が安定してからでないと取ることができない対処方法です。
早く治そうと焦って治療を行うと逆に患部の回復を妨げることになるので気を付けてください。

 

 

肉離れによって患部が腫れる原因は筋肉が損傷したことによっておこる内出血です。
早期の応急処置としては冷やすことが重要になりますが、数日後からの処置は逆に温めていくことが必要になります。
肉離れをしっかり治すためには焦りは禁物で、焦りすぎると逆に患部の回復を妨げることになるので注意が必要です。

 

スポンサーリンク