軽い肉離れの症状と治療法

軽い肉離れの症状と治療法

スポンサーリンク

 

肉離れは運動に支障をきたすほどの症状が起こることもありますが、軽い痛みがある程度の軽いものが起こることもあります。
ここでは具体的な症状とその治療法を紹介します。

 

 

【軽い肉離れの症状】

 

 

肉離れはストレッチなどを行わないような状態で急激に筋肉に収縮が起こったときに起こってしまうことが多いものです。
しかし筋肉が断裂してしまうようなものは重度のものになります。
軽いものであれば筋肉の結合組織が通常より少し伸びてしまった状態で損傷というほどのものではありません。
症状としては歩くことに支障はないものの、走ると痛みが現れる症状が起こります。
内出血や陥没が起こることはありません。
痛みの程度はあまり強くなく、一見筋肉痛と間違ってしまうような痛みが発生します。
しかし、筋肉痛と違うのはいつまでたっても痛みが引かないという点です。
こうなったら病院に行って診察を受け治療を行ってください。

 

 

【軽いうちの肉離れの治療法】

 

 

軽い肉離れの治療法として最も重要なのはサポーターなどで圧迫することです。
軽度の肉離れは筋肉の損傷が小さいのでこれだけで改善することもあります。
圧迫することで筋肉をくっつきやすくすることができます。
またクリーム状の塗り薬を使ったマッサージも有効な治療法です。
クリームが最も浸透率が高いとされています。
この時強く押してしまうと筋肉に悪影響を与えるので皮膚に滑らせるように薬を塗り込むことが重要です。

 

スポンサーリンク

 

【軽い肉離れからの復帰】

 

 

筋肉が固い状態で運動をしてしまうことで起こってしまうので運動前には十分なストレッチをすることが重要になります。
しかし間違った方法で行うと症状が再発しやすくなってしまいます。
また症状が治療によって改善されたとしても慎重に復帰していくことが必要になります。
軽い運動から始め、筋肉の大きな伸縮を必要とする運動は治療が完全に終わってから行うようにしてください。

 

 

肉離れは軽度のものから重度のものまでがあります。
軽いものであれば筋肉の損傷は小さいので圧迫で改善させることができます。
しかし軽くとも一度起こしてしまうと再発の可能性が高くなるので十分な対策を行ってください。

 

スポンサーリンク