腕の肉離れの症状と対処方法

腕の肉離れの症状と対処方法

スポンサーリンク

 

肉離れと聞くと足に起こることの多いイメージかもしれませんが、腕にも起こる可能性が大いにあります。
そこでここではその症状についてや対処方法などについて述べていきます。

 

 

【腕の部位によって症状が異なる】

 

 

腕の肉離れは数多くある筋肉の中で三角筋や上腕筋、伸筋群という筋肉に多く起こりやすいとされています。
そしてこの中のどの筋肉が損傷するかで症状が異なってきます。
三角筋を損傷した場合、腕をあげるときに痛みを伴う症状が出ますが、伸筋群を損傷するとこの筋肉はひじから手首にかけて伸びているために手首や指を動かしにくくなるといった症状がみられます。

 

 

【腕の肉離れの対処方法】

 

 

基本的には腕も症状を緩和させるために取る対処方法は大きく変わりません。
ですがここは筋肉がほかの部分より細く、かつ多くの血液が流れているのできつく圧迫しすぎるとしびれが起こる場合があります。
なので圧迫は軽めに行うのが肉離れへの対処方法としては効果的です。
それに加えてツボを使った対処方法を用いるのも効果的です。
手にある手三里というツボを押すと腕全体に対して効果を発揮します。

 

スポンサーリンク

 

【対処はどこで受けられるのか】

 

 

肉離れは整形外科や接骨院、鍼灸院や整体院で対処を行ってもらうことができます。
整形外科では湿布や包帯を巻いて症状を悪化させないように安静にしていることが主な対処方法になります。
接骨院では保険適用化で電気治療やマッサージを受ける方法を取ることができますが、直りが遅いケースがあります。
鍼灸院や整体院では保険を使うことができませんが、最も効果がある手段をとってもらえる可能性があります。
対応できるかはその院によって異なるので問い合わせてみることが必要になります。

 

 

腕の肉離れは起こる筋肉によって痛みや動かしにくさを感じるなどの症状が起こります。
対処方法としては肉離れの基本治療法である安静にすることや軽い圧迫を行うことがあります。
また、治療を行う院によって治療方法が違うので気を付けてください。

 

スポンサーリンク