肉離れの痛みの特徴はなにか

肉離れの痛みの特徴はなにか

スポンサーリンク

 

スポーツをするときに起こりやすく、また恐ろしいのが肉離れです。
肉離れには痛みが伴います。
ここではその痛みの特徴について説明していきたいと思います。

 

 

【肉離れとは】

 

 

肉離れと聞くと筋肉が骨から剥離することを指すと考えている人もいるかもしれませんが、実際は筋肉を動かしたときに筋肉がその運動による収縮力に耐えられないときに筋肉の一部が損傷したり断裂してしまうことを指します。
発生の仕方にはタイプがあり、突然起こるときと繰り返し使うことで少しずつ筋肉が傷ついていき起こるものがあります。
後者は特徴としてスポーツ選手などに多く見られるタイプのものです。
どちらも筋肉の柔軟性が失われていることで発生します。
ストレッチを怠ったり、運動不足のところに突然運動をすることで起こりやすくなります。

 

スポンサーリンク

 

【痛みの特徴を筋肉痛と比較する】

 

 

どちらも痛みを伴う症状ですが、それぞれに痛みには特徴があります。
筋肉痛は筋肉の炎症によって痛みがありますが、肉離れは筋肉が断裂・損傷しているので痛みが強く出る特徴があります。
また症状が起こるタイミングにも違いがあります。
筋肉痛は数日後に症状が現れることがありますが、肉離れは起こった直後に症状が現れます。
また筋肉痛との違いは重度のものになると安静にしていても痛みがあるということです。
こういった状態になるとかなり重症で、肉離れが足にできてしまった場合、激痛のせい歩行が困難になるほどの症状が出ることも特徴です。
早期に病院で治療を受けることが重要です。
また、肉離れが起こっている部分を指などで押すことでも症状が現れることも特徴の一つです。

 

 

肉離れは筋肉が損傷・断裂することで起こります。
スポーツをやっている人は長期間かけて起こる場合もある、危険な症状です。
痛みの特徴としては起こったすぐに現れ、重度になると安静にしていても症状が出る、指で押すことでも激痛を伴うなどがあります。
筋肉痛と比較すると思い症状が出てしまいます。

 

スポンサーリンク