肉離れ 電気治療 作用 効果

肉離れでの電気治療の効果と作用/症状によって使い分けることが重要

スポンサーリンク

肉離れはスポーツをする人であれば非常に経験することの多い症状です。

 

日常的な動作で肉離れになってしまうことはまずないといえます。
肉離れとは非常に筋肉が張って断裂などを起こした状態をいいます。

 

肉離れには電気治療が非常に効果的に作用するといわれています。
しかし実際に電気治療と一言でいっても様々な種類の電気治療用の機器があります。

 

家庭用の機器ではなかなか肉離れまでは治すことができないということになります。
しっかりと治すためには病院を受診する必要があります。

 

家庭用の機器では表面的な所をほぐすのには効果がありますが筋肉の肉離れのような深いところにはなかなか作用しないということがいえます。
しかし病院などでの治療といってもすぐに効果が出るわけではないということです。

 

電気治療は本当に長い期間の使用が基本となります。
リハビリと平行しながら電気治療をおこなうことで有効な作用を得ることができます。
患部に当てる強さも症状によって変える必要があります。

スポンサーリンク

肉離れになってしまった場合には発症してしまった直後にしっかりとした応急処置をしておくことで本当にその後の経過に違いが出てきます。
とにかく動かさないで安静にしていることが大切です。
そして出来るだけ冷やしておくことも大切です。

 

そのようなことをしているだけで病院での処置の効果も大きくなってきます。
電気治療は一見地味に見えますが実際には血行を促進する作用もあって筋肉を回復するという意味では非常に効果的です。
もちろん過度におこなうことで逆効果となってしまう場合もあります。

 

作用や効果に関しては専門家にまかせることが肝心です。
そのうえで肉離れに十分に作用するようにリハビリをしていくことが大切になっていきます。

 

外からの電気治療と内からのリハビリの両方があって初めてしっかりした効果を得ることが可能になってきます。
どちらがかけても効果は半減してしまうということです。
安静にし過ぎてもいけないですし早くに急に動かしてもいけないということです。

スポンサーリンク