肉離れ 肩 症状 原因

肩の肉離れの症状と原因/重要な治療方法について解説します

スポンサーリンク

肉離れの症状は、ふくらはぎなどに起こるイメージがありますが、肉離れは肩にも起こることがあります。
筋肉が付いている部分であるなら様々な場所で発生してしまうことになります。

 

また、肩の肉離れを起こすことによって頭痛といった症状の原因まで引き起こしてしまうこともあります。
足に起こってしまう肉離れの症状は強い痛みを感じることになりますが、肩の場合は、さらに強い痛みを感じてしまうことになります。

 

同時に起こる症状としては、頭痛に吐き気、めまい、眼精疲労、耳鳴り、自律神経失調症にも似ているような症状が出てしまうことがあります。

 

肉離れは急に身体を動かしたりすることが原因となって、起こってしまうことになるので、誰にでも起こってしまう原因の可能性は十分にありますが、特にスポーツマンの人は気をつけないといけません。

 

肩の関節の中には、肩を動かしてくれるための筋肉が多くついていて、運動をすることによってそれらの筋肉が肉離れを起こす可能性があります。

 

スポーツマンの人ほど原因を作りやすくなっているので、特に注意しないといけません。
そのためしっかりと原因を突き止めて改善することが大切です。

スポンサーリンク

肩などの場所に肉離れを起こしてしまった際の治療法としては、一般的には患部を安静にしてあげることで治療を行っていくことになります。
シップやアイシングといったとにかく冷やすようにし、安静にしていることですぐに行うことができる治療方法になっています。

 

これは無理に手を加えないということがポイントになってくる治療法です。
そのため安静にしているのが治療がそのものにもなってきます。

 

肩の肉離れを起こしてしまうことによって睡眠不足になってしまうぐらいの強い痛みを感じてしまうことになります。
事前の予防策としては準備運動をしっかりと行うことが大切です。
スポーツマンの人に特に多い症状になっているので、準備運動は必ず行うようにしましょう。

 

収縮してしまった筋肉が伸びることが原因となってきて、このときに筋肉が固まっていると特に起こりやすくなってきてしまいます。
そのため準備運動をしっかりと行うことは最も大切なことです。

スポンサーリンク