肉離れ 温熱治療 時期

肉離れの温熱治療を始める時期はいつから?/完治期間を早めるために

スポンサーリンク

肉離れというのは、早い話筋肉が断裂してしまった状態を指します。
運動などによって筋肉が急激に収縮した際に、その動きに耐え切れずに筋繊維などが切れてしまうのです。

 

スポーツ中に発生することが多いのですが、日常生活の中でもふとしたきっかけで筋肉に過度な負荷がかかると発生する可能性もあります。
主に太股やふくらはぎなどが起きやすく、他には背中やわき腹など筋肉の多い場所でよく発生します。

 

肉離れ発症の原因としては、筋肉の柔軟性の低下や筋力の低下があります。
普段あまりスポーツをしない人の場合筋肉が固まっていたり筋力が衰えていたりするので、そうした状態で急に運動をしたりすると筋肉がその運動についていけずに切れてしまうのです。

 

また逆に筋肉を普段から酷使している、スポーツ選手などの場合は筋肉に疲労が蓄積することで柔軟性が損なわれ、肉離れを起こしやすくなります。

 

肉離れを起こした場合には、まず応急処置としてアイシングを行います。

 

肉離れを起こしてしまうと筋繊維が断裂することで内出血などが発生します。
その状態を放置していると炎症を起こしてしまうので、しっかりと冷やして内出血を抑えます。

スポンサーリンク

応急処置としてアイシングをする時期は、肉離れが発生してからなるべく早い時期にアイシングをする必要があります。
アイシングが早く適切に行われると、完治までの時期を短くすることが出来ます。
そしてある程度症状が落ち着いたらなるべく早く医療機関で治療を受けます。

 

内出血が収まり、炎症などが落ち着いたら、今度は温熱治療を行います。
温熱治療というのはその名が示す通り、患部を温める治療です。

 

温熱治療を行う事で患部の血流を促進し、自然治癒力を高めることで治りを早くすることが可能です。
温熱治療の方法としては、温めたタオルを患部にあてたり、お風呂に入ることなどがあります。

 

温熱治療は肉離れを早く治すために有意義な治療ですが、温熱治療を始める時期を間違えると、大変危険です。

 

そもそも応急処置として冷やして内出血を抑えて炎症を起こさないようにしたところから、その真逆で温めてしまうというのですから、時期が早いと内出血を促す結果となり、炎症を起こしてしまう可能性があります。

 

温熱治療を始める時期は、内出血が収まってからですがその判断は素人には難しいので、医師の診断を受けてから始めるようにしましょう。

スポンサーリンク