肉離れ 飲酒 アルコール 影響

肉離れで飲酒やアルコールが及ぼす影響/飲んでいいのはいつから?

スポンサーリンク

肉離れを起こした時に、飲酒などでアルコールを摂取をするといくらか体に影響を及ぼしてしまいます。

 

まず、肉離れとは筋肉が急激に収縮した際、筋肉腺や筋膜が損傷もしくは断裂することです。
肉離れを起こしている状態で、飲酒を行うと筋肉腺や筋膜など損傷している部分に痛みを感じる成分が集まってきます。

 

アルコールを摂取することによって、体温があがり血流がよくなるため、筋肉の収縮や弛緩が繰り返しが強く行われるため神経が圧迫されます。
その影響で、強い痛みを感じてしまうのです。

 

また肉離れで筋肉が損傷している時には、内出血を起こしていることもあります。
アルコールには、血液をかたまりにくくするという影響があるため内出血を起こしている時は飲酒を控えるのが適切です。

 

内出血が治りにくくなるだけでなく、悪化させてしまうこともあるからです。
ですから、肉離れで痛みや違和感がある場合などは飲酒及びアルコール類を避けることが大切なのです。

スポンサーリンク

またアルコールには脳全体を麻痺させる影響があるため、痛みを忘れることができます。
しかし、その影響は肉離れにとって良くないため痛みや違和感がなくなるまでは飲酒を避けることが必要です。

 

肉離れになったらまずは損傷した部分を冷却します。
冷却することによって、損傷した筋肉の炎症を抑えることが出来るからです。

 

そして出来るだけ動かさないことが大切です。
マッサージやストレッチなどはある程度治ってから行わないと、悪化させてしまうからです。

 

そして痛みや違和感がなくなったら、シャワーなどで温めてあげるとよいでしょう。
温めることによって、動かさず冷やしていたため固くなった筋肉の血行を促進することができます。
痛みが取り除かれ、筋肉の再生を促すことが出来ます。

 

そのタイミングであれば、アルコールを摂取するなど飲酒をしても影響はありません。
急激な痛みや違和感を感じている時には避けることが大切ですが、ある程度治ればアルコールを摂取しても何も問題は無いのです。

スポンサーリンク