ふくらはぎ 肉離れ 治らない

ふくらはぎの肉離れが治らない原因/重症化していませんか?

スポンサーリンク

肉離れは、筋肉痛とは違っていて筋肉の部分断裂であり、完全断裂になっています。
また、大きな内出血を伴ってしまうこともあります。

 

肉離れの主な症状になっているのが、痛みですが、この痛みというのは少し痛みを感じる程度の痛みから我慢することができないような痛みまで様々です。
軽度の場合は、痛みは感じますが、自力で歩くことが可能で、小走りしたりする程度の運動なら行うことが可能になっています。

 

治療に関しては、安静にしているだけでも数日から数週間で自然に回復していきます。
重度の場合には、激しい痛みを感じてしまって自分の力だけで歩くことは不可能になってしまいます。

 

また損傷が激しいこともあるので、手で触ることによって陥没を確認することが可能になっています。
この場合には絶対に病院に行って治療してもらう必要が出てきます。

 

また、完治するまでにも期間は長くなってしまい、二ヶ月以上かかってしまうこともあります。

スポンサーリンク

肉離れは特にふくらはぎに起こりやすいですが、ふくらはぎが肉離れになってしまった場合は、重度の場合なら自力で治すというのは難しくなってしまい、中々治らないのですぐに病院へ行かなくてはなりません。

 

自分で治すことができる軽度のふくらはぎの肉離れの場合は、治らないということはほとんどないので、まずは、筋肉が損傷してしまっているので安静にしておくことが大切です。
そのためふくらはぎが肉離れになったときは使わない、動かさないということが大切になってきます。

 

またサポーターやテーピングなどで筋肉の働きを制限してあげることも大切になってきます。
ふくらはぎが自分では歩けないような重度の肉離れを起こしてしまった場合は、病院へ行かないと治らないのですぐに病院へ行くようにしましょう。

 

ふくらはぎなどの肉離れは癖になってしまうこともあり、次第に治らないといったことも出てくる場合があるので、治ったとしてもふくらはぎに少しずつ負荷をかけることによってトレーニングする必要があります。
しっかりと治療し、トレーニングを行うことによって治らないということもなくなり、完治していきます。

 

自分で歩くことができぐらいの軽度の場合でも時間が経っても治らない場合、すぐに病院へ行きましょう。

スポンサーリンク